2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« アンリ・ルソー展 | トップページ | 冬の午後 »

2007/01/26

階段

Kaidan1


Mati


この片側2車線の道路を登っていくと、両側に広大な団地があります。

この大団地の中心、大山田団地は昭和46年7月に計画案が決定され、翌年から造成工事が始まりました。当初計画では、22800人、5580世帯。今は、ここに隣接して、東にも、西にも、そして北にも広がっているので、最大、どれくらいの人口と世帯数になるのでしょう。

自分たちが住んでいるのに、わがままですが、これ以上、山を崩して、緑をなくして欲しくない。そんな気持ちがします。

ここに住んで10年になるのに、このあたりを歩いたことがありませんでした。いつも、車で通り過ぎるだけ。この山の向こうにはなにがあるのだろう。この山から、なにが見えるのだろう。そんな好奇心があって、先日、思い切って歩いてみました。

車で走ってる時は、全然気が付かなかった階段を見つけました。

立ち入り禁止の柵も、危険の立て札もなく、そのまま。

私たちの子供のころだと、面白がって遊んだところなのですけどね。いまでも、このコンクリートで出来た階段を一段ずつ登るのは、結構スリルがありました。

勾配がかなり急です。途中で、後ろを振り返ったりしたら、めまいを起こしそう。(苦笑)登っても、そこに、すでに道はなく、草が生い茂っているだけ。見渡す風景もあまり眺望はよくない。

写真を撮ってるのも、怖くて、早々に切り上げて、恐る恐る降りてきました。

車で通る人には、「あのおばさん、なにやってんの?」と思われたでしょうね。(汗)

« アンリ・ルソー展 | トップページ | 冬の午後 »

コメント

のぶくんさん

はじめまして。地元の方ですか?(^^)

この頃 愛犬レオを連れ弟四公園界隈とか散歩するにつれ思うんです。梅雨時から真夏にかけての夏草の事... 歩道を半分にするほどせりでた部分とか それとタバコの吸い殻等又紙屑いろいろ な~んかよくないですねぇ~ ワレワレの住んでる町もっとキレイに、しましょうよ ボランテャの大山田清掃隊作りましょうょ  いかが

ジェイ・ロウさん

ご無沙汰してしまってます。(*- -)(*_ _)ペコリ

忘れられた階段なんです。
好奇心と郷愁とない交ぜになった想いで、この風景を眺めました。

うーん、なんてすごい写真だ。ボブディランの唄とか似合いかも。やすみさんの語り口が素晴らしい。文学ですね。

Harukaさん

昨日は、実家に久しぶりに行ったら、郊外にはどんどん大きい道が造られ、マンションが建ち、すーパーが建ちしてますが、旧市内は、土曜日の午後と言うのに、シーンとして、人通りもまばら。

道路や大団地は必要なのでしょうけど、懐かしい緑のシーンは無くなって欲しくない。外へ外への開発でなくて、既存の街を活性化することを考えて欲しいです。

拓隊長さん

子供の頃は、こんな人気のない階段とか、朽ちた空き家とか、近所の悪がきどもと探検とかしましたよね。(^^)学校ではともかく、家に帰ってからは、大きい子小さい子一緒になって遊んで、いじめなんてなかった。年齢が違う子供が一緒に遊ぶから、いろんな体験が出来るわけですよね。

子供を取り巻く環境が変わってしまったのですね。。。

もしかしたらこの風景は現代日本の源風景。あらゆるところに道路が作られる。斜面には葛の葉が秋には大体生い茂る。写真の道の左側には枯れ葛はなく、やすみさんみたいな好奇心の強い人がいて時々、登っているようにも思える。何気なく登るのか、この全てが枯れた風景に心ひかれるのか? 心の奥底がふと見える?
踏みしだかれし枯れの葛

全てが枯れ、風が吹きすぎる風景も素晴らしい。昔、雪まじかな霧が峰もよく行きました。

m(__)mおばんです!?寒稽古も終わりホッと一息です。納会の延長で呑んで来ました(^^)v今の子供達が果たしてこの急勾配を見た時に怖さを感じるか不安です(^^ゞ経験が無いと怖さやそれに付随する優しい心も持てないですよね!?教育問題が取ただされていますが、議員先生?の中で何人が真剣に正面から向き合っているかも解りません!?寒稽古を終えて人に頼るよりまず自分の出来る範囲で取り組もうと改めて感じました。ではでは

aoiさん

ほんとにね。こういう、雑木林が無くなっていくことは、環境に絶対悪い影響を与えますよね。こういう山が保水の役目を担ってくれているから、水不足にもならないのに。。。

この写真は、カラーでも、ほとんどモノクロみたいな色しかないのですよ。^^;それで、思い切ってモノクロに変換しました。

besoさん

愛犬ゲンキ、いつも一緒に散歩してくれていいですね。(^^)
この階段は、何のための階段なのかよくわからない階段です。(ーー;)

皆さんが通られるところを地域の方が掃除されるなんて立派ですね。最近、平気でごみを捨てていく、若い人や、子供たち、よくみます。誰かが掃除してくれていることを知らないのでしょうかね。

モノクロ写真が、
なんとなく、
やすみさんの気持ちを
反映しているようにも見えます。
緑がどんどん少なくなっていくのは
とても淋しいことですね…

愛犬ゲンキとの散歩コースのひとつに写真の光景と似たような階段があります。
でも人通りが少しあり、定期的に周辺住民の方々清掃してるようでした。
たまに見るモノクロ写真はいいものですね。

まふちゃん

甘いものの誘惑には、勝てませんね。(^^)
私も、あさから、ミニどら焼き食べてます。(^^ゞ

今は、モノクロームは珍しいから、それだけで、うまいのかなと言う錯覚に陥りますね。(~o~)

歯を磨いたのに、ついついチョコを食べてしまいましました(^_^;)

ほんと!モノクロで正解ですね! プロみたいですよ。

草さん

よっこらショなんて、掛け声が聞こえるくらいよいしょしていただきまして。(*- -)(*_ _)ペコリ

全然目立たない階段なんですよ。ほんまは、怪談としたいくらい、下のにぎやかな車の通りとかけ離れたシーンでした。

この階段、見たところはそれほどでもないのですけど、かなり急なんですよ。年取って足元がおぼつかないうえに、体重もオーバー気味なんで、後ろに転げ落ちそうでしたもん。

それに、上がりきったところは、草さんでいっぱい。
何か獣でも出てきてもおかしくないくらい。

なずなちゃん

この画像、普通にカラーだと、ありふれたものなんだけどね。これは、モノクロームだと思いました。

このスキン、美味しそうでしょ。チョコ食べたい。(^u^)

モノクロで撮るのも、また情緒がありますなぁ。
なんか、それらしい題名付けたら賞をもらえるかもしれん。

綺麗な風景も良いけれど、こおいう有り触れた風景で何かを訴えてるというのも、もんのすごく良いと思う。

壁紙もバレンタインのチョコレートを想像し、季節感が有ってええでんなぁ。

今回は、ヨイショする所が一杯有った。(^O^)

で・・何で階段上がるくらいで怖かったの?
オバケ出るかもしれんから?

おお・・いい感じのスキン・・と思ったら
今度はステキなモノクロ写真。

物言いたげで 何だか懐かしい感じの
モノたちの写真。
モノクロって カラーとはまた違うよさがありますね。
落ちなくて良かったわ(^^)

YUKOさん

なんかねぇ、この階段を見つけたとき、このうえは、どうなっているのだろう、どこにつながっているのだろうと思うと、引き込まれるように登ってしまいました。(^^)

yuriko38さん

ほんと、いくつになっても好奇心旺盛です。(^^ゞ
写真を撮ってると、ここからみると、どんな風に見えるだろうと、どんどん歩いて行ってしまうのですよ。
また、地面に這って、普通では見えない角度から、カメラを覗いてみたりね。そういう意味で、写真は面白いですよ。

この階段は、途中で怖くなったのですが、せっかく登ったのだからと、一番上まで行きました。^^;

このお写真ですね。すごく語っています。なんて雄弁な風景でしょう。圧倒されました。

 いきなり、チョッと怖い~感じでした。
よく登る事が出来ましたね。すごい勇気でした。
子供の頃と同じ様な好奇心をお持ちのやすみさんは本当に気がお若いと見ました。
 バブルが崩壊してからもう何年が経つのでしょうか?  ビルとかでもこんな気持ちになる場所がたくさん有りそうな気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アンリ・ルソー展 | トップページ | 冬の午後 »