2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« これも虹 | トップページ | 彼岸花 »

2006/09/23

幻日

昨日アップした、虹、本当に虹だったのかと、気になって、ネットで調べました。

結果、虹ではありませんでした。虹は太陽から遠いほうが赤ですね。これは、太陽に近いほうが赤になっています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E6%97%A5

「ウィキペディア」にまったく同じ画像が載ってました。


幻日
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

幻日 左側の光が真の太陽。中央の樹木の右上に小さく虹色に見えるのが幻日。幻日(げんじつ)とは、太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のことである。 月に対して同じような光が見える場合もありこれは幻月(げんげつ)と呼ばれる。

通常、幻日は太陽から約22度離れた太陽と同じ高度の位置に見える。 雲の中に六角板状の氷晶があり風が弱い場合、これらの氷晶は落下の際の空気抵抗のために地面に対してほぼ水平に浮かぶ。 この氷晶の1つの側面から太陽光が入射し、1つ側面を挟んだ別の側面から出る場合、この2つの面は60度の角を成しているため、氷晶は頂角60度のプリズムとしてはたらく。 この氷晶によって屈折された太陽光は太陽から約22度離れた位置からやってくるように見えるものが最も強くなる。 このようにして見えるのが幻日である。

                   以下略

2006914060_1

昨日、アップした画像の再掲です。

こんな現象を、実際、目にすることが出来て、とても、幸運でした。写真に残してきて、ほんとによかった。

« これも虹 | トップページ | 彼岸花 »

コメント

Harukaさん

詳しい説明ありがとうございます。(^^)
広く言えば、虹の仲間なのですね。

疑問を持った一つに、Harukaさんが書いてくださった、氷というところがあったのです。

確かに、この時間は、雨の気配はなかったので、よく考えると虹がでるはずがないと思って、再度調べて見ました。

少し責任を感じて。
虹という言葉はかなり広義に使用されています。yahooで「虹 氷」で調べると「虹のいろいろ 表ー2005」が出ます。多分、これが最も広義の「虹」であると思います。幻日の説明もこの中に入っています。また、同様に和歌山県日高川村のPDFにも、「氷の虹」との記載があり、別の「氷の虹」が示されています。 
また同様に「氷の虹」で調べると幾つか出てきます。

結局、虹は狭義にも広義にも用いられているようです。

また、氷の虹の中には、幻日を含めていく種類もあるようです。

幻日(まぼろしの日)、「氷の虹」いずれにしろ、かかる不思議な現象に魅せられて一生をかけて、その解明をした人がいたのだと思います。

鵺ちゃん

自然現象ってすごいですよね。
夕方になるとちゃんとお腹すくでしょう。(* ̄m ̄) ププッ

パンは、腹持ちしないから、好きなものばかり食べてないで、たまには、ちゃんとした食事しなさいね。(^^)

思わず見入ってしまいますね(* ̄。 ̄*)ウットリ
自然ってすごいですよねぇ!
見てるだけでとてもお腹が空いてきます。
ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン!

besoさん

いままででも、もしかしたら、出合っているのかもしれないですね。

ちょうど、いい時間にここを通っていたのですね。本当は、大回りになるけど、東名高速に戻ろうかとも話していたところなので、ほんとラッキーでした。

mimiさん

カメラをやっていなかったら、「何の光かな」くらいの疑問で、済んでしまったと思うのですよね。

いろんなものに目を向ける習慣がついたので、こんな自然現象も見落とさずに済んだのだと思います。ほんとに、よかった。

aoiさん

aoiさんの太陽の傘がヒントでした。
ありがとう!!

もしかしたら、関連があるかもと、気象関係のサイトを探しました。

疑問が解けてよかったです。(^^)

>こんな現象を、実際、目にすることが出来て、とても、幸運でした。写真に残してきて、ほんとによかった。

写真を見てこんなに見える時もあるんやと改めて思いました。
自然のなせるワザはそんなに長い時間じゃないでしょがすごいですね!
映像と検索力に脱帽です。

すごーい!!
本当にすごい現象を目になさったのですね。それをちゃんとカメラに収めておかれて、本当に感心、感心、です。
こんな自然現象、めったにみることはできないでしょう・・・
「幻日」ということばだけは聞いたことはあったのですが、なんのことかよくわかりませんでした。

自然っておもしろいですね。本当に、ほんとうにおもしろいです!

画像の虹みたいなの、虹ではなかったのですねぇ!!

ある意味、虹をカメラにおさめるよりも
貴重なショットですよね!
やっぱり、これってきっと良い事ありますよっ☆

ピーターさん

気象条件の載ってるサイトを探したのですよ。(^^)
Googleも、項目をうまく設定しないと、ブログばかり拾ってくる。(ーー;)

よく検索できましたね。
「めばちこ」のような単語なら簡単だけど、映像の検索となると
言葉の選び方に技が必要でしょう。

YUKOさん

ほんとに、幻の日だったんです。
「どうしてこんなところに、光が。。。」
という感じでした。こうしてみると、色がわかりますけどね。

どういう気象条件のときに出来るのかなぁ。
太陽が傘をかぶってるのも、最近はみませんものね。

ほー、面白い。正に幻の日。難しいけど、面白いです。赤の位置で違いを見分けるんですね。今度この光に出会ったら、虹と幻日を識別してみます。かっこいいかも♪しかし、出会えるかな・・。

温泉さん

花の名前などは、わからないとそのままにしておくのですけどね。(^^)

シャッターチャンスは、いつあるかわからないので、常に持っていたいのですが、重いので、そうもいかないですけどね。(^_^;)

yumiさん

yumiさんの場合は、雨上がりでしたから、多分、虹だと思いますよ。
はっきりした見分け方は、赤の位置です。(^^)

この日は、どう思い出しても、雨の気配はなかったので、気になってたんですよ。

mokoさん
すぐに調べてみるって
mokoさんらしい
でもそんな写真とれたってすごいですね
おめでとうです

初めて聞きました。幻日・・・
私が二本の交差してる虹(幻日)もこれだったんですね。
でも誰もが(殆ど)虹!と思いますよね

さすがmokoさん!
妙に気になってたとは(^^)
私なんか虹以外に思いつかないし、疑問にも思わない(^^ヾ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これも虹 | トップページ | 彼岸花 »