2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 幻日 | トップページ | 宇賀渓 »

2006/09/26

彼岸花

2006926009


2006926015


2006926001

今年は、例年になく、順調な秋の訪れを感じますね。今日は、日差しが少なかったこともあって、午後には肌寒ささえ感じました。

ちゃんと、時期を間違えず、咲きそろう彼岸花。これを写しに、海津市の津屋川堤http://www.city.kaizu.lg.jp/syoukoukankouka/tsuyagawateibonohiganbana.jspまで、行ってきました。昔は、少し田舎に行くと田んぼのあぜ道などに、普通にこのような群生が見られたものですけどね。

わずかに、固まって咲いているのを見られるところはありますが、これだけ、群生しているところは、ここが我が家からは一番近くです。駐車場と仮設トイレまで、設えていただいてあって、ありがたいことです。

平日の午後であっても、意外と多くの見物客やアマチュアカメラマンの姿が。。。その一人ですが。(汗)

この花は、いろんな名前で呼ばれていますね。そのうちの「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)は、天上の花という意味だそうです。

おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から
ふってくるという仏教の経典による。

昨日は、痛ましい事故や事件が相次いで起こり、あたら、将来ある命が失われてしまいました。胸がつぶれるような思いです。このはなを亡くなった方たちの御霊にささげたいと思います。。。合掌。

« 幻日 | トップページ | 宇賀渓 »

コメント

ピーターさん

こっちのほうでは、また、少しずつ咲いてるところを見ることが出来るようになりました。今日、宇賀渓に言った帰り、電車の沿線に群生してるところを見つけました。

今日は撮れなかったけど、今度、ゆっくり電車で出かけて、写してこようかなと思ってます。

この花は、一本より、みどりの自然をバックに群生してるのがいいですね。

どんなに暑い夏でも、不思議と彼岸になったらきちんと咲くので
子供の頃から見た目の鮮やかさと共に印象的でした。
最近はとんと見なくなりました。
やっぱり土手や田んぼの緑バックが最も美しく映りますね。

ちーさん

秋も花粉症の季節ですものね。ヒガンバナもアレルギーあるのかな。

もう少し川の水が綺麗だとよかったのですけどね。^^;

やすみさん、こんにちは(^^)
ご無沙汰して折りました。

きれーーーーっい。
彼岸花の群生。
確かに 最近は、これだけの彼岸花の群生はなかなか見られません。
圧巻!♪
この赤、燃えてきますね~。

私も 彼岸花を写したくて、結構うろつきましたが、まだ撮ってないんですよ。
はなは、はなでも 自分の鼻は、彼岸花に
近づくと ムズムズ(^^ゞ
なかなか近づく事ができません(>_<)

マスクして挑戦しなきゃ(^^)/

聖者みこさん

私も、子供の頃から、この花のあまりに鮮やかな赤が好きではなかったです。あの、口が曲がりそうな強烈な苦味とともに。。。(ーー;)

でも、群生してると綺麗ですね。最近、外来種の草花が多くて、それだけに,日本の昔からの花に親しみを感じるのかもしれません。

100万本の群生ですか。見事でしょうね。
帰省ですか。楽しみですね。(^^)

彼岸花は昔、あぜ道に咲いていて大嫌いな花でした。しかし数年前、巾着田に100万本の彼岸花を、見に行き感動しました。今が見頃、行きたいのですが明日から福岡に帰省のため行けません。残念!

mimiさん

曼珠沙華は、意外なところから来ている名前なんですね。この花は、暗いイメージがあって、アップやめようと思っていたのですが、
この話を読んで、アップしました。(^^)

車で、20分くらいのところなんです。途中、点々と咲いてるところもあったのですが、車を停めるところがなかなかないのですよね。

彼岸花の名前の由来、知りませんでした。ありがとうございます。
水に反射した彼岸花がとてもきれいです。
おちかくにいいところがあってよかったですね。

まふゆさん

そうか、ヒガンバナは北海道にはないのですね。でも、北海道の自然には、このはでさは似あわないかも。。。

秋が来ると寂しくなります・・その訳は、季節を彩る彼岸花とか、木犀の花が北海道にはないから・・見せてくださってありがとう(*^^)v

温泉さん

ここは、小さい川の堤だから、護岸工事もされず、草も根こそぎ刈られることもなく、今日に至ったのでしょうね。

不思議なくらい、大きなずれがないですね。^^;

すごいヒガンバナの群生
こんな所はもうほとんど見かけなくなりました
毎年間違いなく彼岸には咲きます
そこがすばらしいですね

YUKOさん

「自己主張のある形と色」ぴったりの表現ですね。花びらもしべも、それぞれが、私を見て!って、自己主張してます。

よく見てるとほんとに美しい花ですよね。

besoさん

昔は、あぜ道、一面に彼岸花でしたのにね。

見にきている人は、平日ということもありますが、お年寄りばかりでしたけどね。(^^ゞ

一時よりは、また、見かけるようになって、嬉しいですね。

彼岸花って、こんなに素敵な花だったのですね。今までじっと見ることがなかったように思います。こんなに自己主張のある形と色に、尊敬の念を感じます。

彼岸花の群生は最近見かけなくなりましたね~

これだけ咲いてると名所になるんですねぇ~

この時期には欠かせない花やと思います。

aoiさん

aoiさんの故郷のほうは、まだ見られますか。こっちも、田んぼは結構あるのですが、昔のような、あぜ道にびっしりということはなくなりました。

この花は、茎にリコリンという毒があるのだそうですね。このはなを触った後の手は、苦かった。(-_-;)

でも、この毒を抜くと、澱粉が豊富で、食用になるそうです。(^^)

交通事故でも犠牲になるのは、小さな子供たち。若い人は、すぐ刃物を振り回し。。。
もう少し、冷静になれないのでしょうかねぇ。結局は、何の解決にもならないのに。

草さん

花が終わった頃、覚えをしておいて、掘りにいかれるといいですよ。本来は、どんどん増える丈夫な花だそうです。

花が終わると、春まで、土の中に球根が眠ってるのね。春に葉っぱが出てくるまで。

wakoさん

この花は撮りにくい花ですね。形が繊細な形をしているので、写すと、みんな一緒に埋もれてしまう。^^;

群生やあぜ道に点在してるのを見て、懐かしい気分になりました。

uraちゃん

そうなんだよね。私も、本当は、写したくない花なの。この間も撮ってきたけど、アップしなかった。

今回は、雨に打たれて、少しは色の感じが違うかなと思って、撮ってきたけどね。でも、やっぱり、朱なんだよね。

「Lycoris(リコリス)は、ギリシャ神話の海の女神
「Lycoris」の名前から採ったもの。
花がとても美しいことから。 」
外国では、すごく、人気のある花だそうよ。(^^)それで、アップする気になった。

家の実家では、彼岸花の群生がまだ見られますが、
これほど見事な光景は、なかなか見かけないですね。
昔々、この花の茎をなめると、凄く苦くて。
花イコール蜜。みたいなイメージがあったから、
凄くショッキングだったのを思い出します。
なんだか懐かしいな…

最近、立て続けに悲しくなるようなニュースを
耳にしますね。
こんなにも平和なはずなのに、なぜ
悲しい出来事がおこってしまうのでしょう…。

ホームセンターで、一株300円だかで売ってたなぁ。

よっぽど買って庭に植えようかと思ったけれど、ケチなσ(*_*)は、どこかそこらのイナカに行けば、ヒッコヌイテこれねぇかなぁ・・と思う、今日この頃です。

群生の彼岸花がとても綺麗ですね。
ここからも少し行くと大群生があるようですが、まだ見たことがありません。
毎年写すのですが難しい花ですね。
綺麗に写せたことがありません。
いつもちらほら咲いている花を写していますが、彼岸花の群生にも挑戦して見たいと思うこのごろです。

(゜-゜;)ウーン きれいだし・・
前の家の庭にも数本咲いてたりして
好きなんだけどねぇ・・

どーもあざやかすぎて妙にバランスを
崩されるような不安をあおる花なんだよねぇ・・

この赤も ちょっと朱っぽくてさ・・
なんか文句つけてるみたいになっちゃったけど・・
どちらかというと好きな花なんだよ(;´▽`A``

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幻日 | トップページ | 宇賀渓 »