2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

宇賀渓

2006930002

2006930031

朝から、少し、雲が広がっていましたが、雨の降る様子もないので、近くの山に、老老登山となりました。(爆)

2006930_1


我が家から、車で30分くらいで宇賀渓http://www.eco.pref.mie.jp/shizen/sizen/kouen/sznxala/uga.htmに着きます。以前にもこのブログで紹介させていただいたかもしれません。

鈴鹿国定公園http://www.eco.pref.mie.jp/shizen/sizen/kouen/map/suzu.htmの一部、竜ガ岳を源にする宇賀川の渓谷です。流れの音を聞きながら、道端に咲く花に目を留めて、のんびりとしたハイキングでした。地図に載っていない小さな滝もいくつか点在しています。まだ、少し歩くと汗が流れるくらいでしたが、ときどき立ち止まって深呼吸すると、美味しい空気が身体の隅々まで潤してくれます。

2006930011
標高1000メートルくらいの低い山です。でも、下山してくる人のリュックに熊よけの鈴が。「ひぇー、ここにも熊がでるのかなぁ」と、私。夫は、「こんな低い山にはいないでしょ。これを超えると、すぐ滋賀県で、人里がすぐだから。」

そう話してると、熊よりも、まず身近に危険が。。。大きなスズメバチが飛んでました。2006930012
おかげで、滝の撮影に失敗したわ。(ーー;)

2006930017

この宇賀渓のまだほんの入り口ですが、この「白滝吊橋」のところまで行きました。普通に歩けば、30分くらい。写真を撮りながら、片道一時間半のハイキング。

少し、もう紅葉がはじまっている様な葉っぱ。紅葉が進むと綺麗でしょう。

2006930018

ここからは、こんな道が続きます。これ以上は軽装では、ちょっと、危険なので、ここで戻りました。今地図を見ていますが、よくわからない地図です。^^;結構、道に迷いそうなところですね。

Hana

名前を調べていないのですが、可憐な山野草が咲いていました。

Tisitu

それに、珍しい穴?が。。。「名古屋大学地殻活動観測点」だそうです。中を覗いてみたい。

2006/09/26

彼岸花

2006926009


2006926015


2006926001

今年は、例年になく、順調な秋の訪れを感じますね。今日は、日差しが少なかったこともあって、午後には肌寒ささえ感じました。

ちゃんと、時期を間違えず、咲きそろう彼岸花。これを写しに、海津市の津屋川堤http://www.city.kaizu.lg.jp/syoukoukankouka/tsuyagawateibonohiganbana.jspまで、行ってきました。昔は、少し田舎に行くと田んぼのあぜ道などに、普通にこのような群生が見られたものですけどね。

わずかに、固まって咲いているのを見られるところはありますが、これだけ、群生しているところは、ここが我が家からは一番近くです。駐車場と仮設トイレまで、設えていただいてあって、ありがたいことです。

平日の午後であっても、意外と多くの見物客やアマチュアカメラマンの姿が。。。その一人ですが。(汗)

この花は、いろんな名前で呼ばれていますね。そのうちの「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)は、天上の花という意味だそうです。

おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から
ふってくるという仏教の経典による。

昨日は、痛ましい事故や事件が相次いで起こり、あたら、将来ある命が失われてしまいました。胸がつぶれるような思いです。このはなを亡くなった方たちの御霊にささげたいと思います。。。合掌。

2006/09/23

幻日

昨日アップした、虹、本当に虹だったのかと、気になって、ネットで調べました。

結果、虹ではありませんでした。虹は太陽から遠いほうが赤ですね。これは、太陽に近いほうが赤になっています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E6%97%A5

「ウィキペディア」にまったく同じ画像が載ってました。


幻日
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

幻日 左側の光が真の太陽。中央の樹木の右上に小さく虹色に見えるのが幻日。幻日(げんじつ)とは、太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のことである。 月に対して同じような光が見える場合もありこれは幻月(げんげつ)と呼ばれる。

通常、幻日は太陽から約22度離れた太陽と同じ高度の位置に見える。 雲の中に六角板状の氷晶があり風が弱い場合、これらの氷晶は落下の際の空気抵抗のために地面に対してほぼ水平に浮かぶ。 この氷晶の1つの側面から太陽光が入射し、1つ側面を挟んだ別の側面から出る場合、この2つの面は60度の角を成しているため、氷晶は頂角60度のプリズムとしてはたらく。 この氷晶によって屈折された太陽光は太陽から約22度離れた位置からやってくるように見えるものが最も強くなる。 このようにして見えるのが幻日である。

                   以下略

2006914060_1

昨日、アップした画像の再掲です。

こんな現象を、実際、目にすることが出来て、とても、幸運でした。写真に残してきて、ほんとによかった。

2006/09/22

これも虹

2006914084

先週の土曜日、豊橋から浜名湖方面に出かけた帰り、豊橋市内を走っていたら、西北西の方角に、こんな光が。
夕方、4時ごろ、太陽が、西に傾いた頃です。街路灯の柱に太陽が当たっているのを見てもらうと、太陽との位置関係がわかっていただけると思います。

肉眼では、ほとんど、「何の光だろう?」くらいにしかわからなかったのですが、カメラのレンズを通してみると、はっきり虹だとわかります。

普通、虹は、太陽を背中にして見えるものなのに、同じ方角の空に、こんな風に虹が見えて、とても不思議な感覚でした。

2006914060


もう一枚、太陽が並んでる画像が出てきましたので、アップします。虹とこんなに接近してる太陽って、珍しいですよね。

2006/09/20

刺されちゃいました

2006920010


今日は彼岸の入り。朝、窓を開けると、半袖では寒く感じるくらいの冷涼な風が入ってきました。
空は、青く、高く。気持ちのいいお天気です。

夏の間、繁らせていた、桃の木の剪定をはじめました。桃は、桜ほどでもないですが、虫がよくつくんですよね。のこぎりを当てていると、大慌てで、引越しを始める虫たちが。。。(苦笑)

一枚目の画像は、花壇のサルビアに隠れていた毛虫です。写していたら、これを狙っているのか、大きなカマキリが!!
「ぎゃぁ~~~」あの三角形の目と目が合ってしまった。とても、写真は撮れません。


2006825003さて、切り落とした枝を、さらに小さく切りそろえて、ゴミ袋に入れて出す作業をしなくてはなりません。落葉樹ですので、葉っぱは、いい腐葉土になりますから、コンポストに入れて腐らせる。枝だけは、ごみに出せるように切らなくてはいけません。

今日は、大丈夫でしたが、8月中に他の庭木を剪定して、その枝を整理していた時のことです。

突然、痛みが、手のあちこちに。みたら、このアシナガバチが、ぶんぶんと飛んでます。慌てて、刺された箇所を搾り出して、虫刺されのお薬を塗りました。おかげで、痛みもかゆみもなく、跡も残らなかった。

でも、アシナガバチでも、2回目に刺されたときは、ショックを起こすことがあるそうですので、気をつけないといけないですね。

どうして、突然、蜂が襲ってきたのかとよく見ると、剪定した木に小さな蜂の巣がありました。即、消毒薬を、たっぷりかけて、ゴミ袋の中に。早く見つかってよかったのかな。

2006/09/18

葦毛湿原

2006914022


2006914012


2006914031


Imou3

2006914027
豊橋市の東に位置する葦毛湿原(いもうしつげん)は、「東海のミニ尾瀬」と呼ばれています。弓張山系の山麓、標高60~70メートルの緩斜面にできた湿原で、面積は約3.2ha。湧水湿地としては国内最大級の広さだそうです。


豊橋市という、地方の中核都市の市街地から、ほんの数キロ離れたところに、こんな自然が広がっていました。市民の方の憩いの場所なのでしょうね。多くの方が散策して見えました。また、小学生の子供たちが、自転車で観察にやってきていて、ほほえましい姿も見ることが出来ました。

春から、晩秋にかけて、いろんな種類の湿性植物が見られるようです。その中でも、代表的なのが、一枚目と二枚目の画像、「シラタマホシクサ」。とても、可憐な花です。

お友達のサイトで、白玉だんごに似てるから、この名が付いたと伺いました。それから、想像して行ったところでは、少し、イメージが違ってました。(汗)どちらかというと、八重のシラバナカスミソウを思い浮かべていただくといいかもしれません。

三枚目は、「イワショウブ」。これもとても可愛い花で、ちょうど、同じように見頃を迎えておりました。

四枚目は、両者が一緒に咲いているところ。

2006/09/17

サーファーの海

Taifu_1
三連休というのに、強い勢力の台風が近づいていますね。ここ10年間で、日本に影響を与える台風としては、最強のクラスだそうです。進路に当たる九州地方の方、十分お気をつけください。

もちろん、東海地方に住んでる私としても、雨戸のない二階の出窓にものが当たって割れたりしないか、心配。

皆さんは、天気予報サイトは、どれをご利用ですか。最近見つけたこの「ウェザーニュース」
http://weathernews.jp/map/index.htmlなかなか、便利です。

このサイトの右側にある、検索欄に自分の住所とか、遊びに行く目的地とかいれて検索すると、ライブカメラで現地の様子を見せてくれます。それを見ながら、これからの予報を参考に計画を立てられます。降水確率と曇りマークだけだと、判断に迷うこともありますからね。

2006914080

画像は、昨日、浜名湖方面にドライブした帰り道、立ち寄った遠州灘海岸。
2006914077

台風の影響で、波が高く、さすがのサーファーも激しく打ち付ける太平洋の荒波を見つめていました。

2006/09/13

雨粒の向こうに

2006910043


2006910042


2006910018


朝から、一日やみまなく降り続いた雨。すっかり、空気をひんやりとした秋の気配にしてくれました。

夏のあいだ、花壇を華やかに彩ってくれた紫色のサルビアと黄色のマリーゴールド。雨にしっとり濡れて、色が一段と鮮やかさを増してます。

サルビアの水滴の向こうに、我が家とマリーゴールドが逆さまに映っています。レンズの役割をしてるので、逆立ちして映るのですね。全然気がつかなかった。(笑)

三枚目は、昨年もアップした、ニラの花。こっちは、なぜか、まん丸の水滴です。

2006/09/11

秋桜(木曾三川公園にて)

2006910010


2006910006


昨日は、天気が今ひとつということで、近所をうろうろ。

木曾三川公園のコスモスを撮りに行って来ました。
もう咲き終わったのもありますが、一面のコスモス畑の風になるには、まだ少し先でしょうか。

コスモスだけでなく、キバナコスモスも一緒に植わっていました。色とりどりということでしょうけど、やっぱり、秋桜は、ピンク、濃いピンク、白の三色で一面広がってるのがいいですよね。

2006/09/10

立待ちの月

200699005

200699016

200699048

200699081

200699013

1枚目、長良川の河口に映る立待ちの月。
2枚目、ナガシマスパーランドの遊園地。
3枚目、ナガシマスパーランドの花火。
4枚目、スターマイン。
5枚目、揖斐川橋のライトアップ

昨夜は、長島温泉の今年の夏最後の花火ということで、花火と一緒に、名月を写してきました。花火は、たった30分くらいのものでしたが、でも、これくらいの時間が飽きないかも。^^;

駐車場の車と、花火の大きさからおわかりと思いますが、この花火、かなり、低いところであがってるし、大きさ自体も小さいように思うのですが、どうなんでしょう。以前に、長良川の花火を見に行ったことがありますが、少し離れたところで見ていても、もっと迫力あった覚えがあるのですが。。。


「こよみのぺージ」http://koyomi.vis.ne.jp/。個人の方が運営されているサイトですが、暦に関して、詳しく書かれています。月夜を写そうと思うとき、月の出る時間、太陽の沈む時間を参考に出来ます。

月齢27日の頃、未明に月が登る空を「暁月夜」というそうです。有明の月ですね。

この「暁月夜」の写真が、隔月刊「風景写真」の今月号に載っています。25年以上「月のある風景」を撮り続けている写真家「森光伸さん」の写真。

「月」は、日本の古典には、密接に結びついていますね。いまのような電気の明かりなどなかった時代。夜は月の明かりを頼りに生き、また、ロマンを求めていたのでしょうね。

昨夜は、立待ちの月、今夜は、居待ちの月。明晩は、臥待ちの月。月が昇るのが、一時間くらいづつ、遅れていきます。この古来からの呼び名が、とてもすきなのです、私。

2006/09/09

ベビーピンク

200698016


200698009


このピンクの可愛い花、なんだかおわかりですか?

昔の花をよくご存知の方は、ホウセンカと思われるかもしれませんね。これ、ハーブの「レモンバーム」の花です。

ハーブは、基本的には、花をめでるより、葉っぱを利用するものが多くて、花はたいてい地味なものが多いです。
ところが、昨日、これを見て、びっくり、こんな可愛い花が咲いている。ネットで調べると、みんな花は白となってるのですね。ところが、我が家のはピンクです。それも、なんとも可愛いベビーピンク。

ニフティのアンケートに答えたら、もらえる賞品でした。試験管で育てるように、容器と種が送られてきました。それが、こんなに育ってくれるなんて、正直、期待してなかったから、嬉しい。栽培セットがイタリアのものだったので、花も違うのかもしれない。

2006/09/07

伊吹山のお花たち

Ibuki151

Ibuki161

8月25日に行ってきた伊吹山で出合ったお花たちです。

名前を調べたのですが、確定的なことを書くには、自信が無いのでやめました。(苦笑)

http://www.ibukiyama-driveway.jp/flowers/index.html
全山で、1200種類もの草木が自生しているそうです。このアドレスをご覧頂くとわかりますが、同じような種類でも、伊吹山だけに咲く花もあるようです。

遊歩道の入り口付近では、まだ、お天気がよくて、比較的露出に苦労しなくてよかったのですが、だんだん、時間とともに、雲が広がったり、突然明るくなったり。かなりの枚数を撮ったのですが、PCで見たらまっくろというのもたくさんあり、がっくり。

9月に入って、急激に秋の気配が広がってます。伊吹山の山頂の風景は、もう、秋のお花たちが主役にと、すっかり変化しているでしょう。このお花たちを見て、何度も訪れたいと思わせられるのでした。

2006/09/05

2割、3割、当たり前。

あるスーパー。

豚肉の3割引の日とか、2割引の日とかを設定してる。

その値段はというと、平日は、グラム98円。

ところが、割引の日になると、グラム137円に跳ね上がってる。

え?なあに?どういうこと?( ̄へ ̄|||) ウーム

それでも、3割引の日は、誰でもが3割引で買える。

でも、2割引の日は、特にシールを貼らないといけないシステム。
そのシールは、平日に2000円以上買ったとき、配っているシールなのだ。

だから、2割引の日に行くと、シールを持っていない人は、平日より高い値段で買うことになってしまう。

結果、この日は、逆に、店内は閑散としている。(* ̄m ̄) ププッ


200693003

200693002


画像は、「酔芙蓉」。

朝は、真っ白な花なのに、お昼過ぎには、こうして、ピンク色に染まります。陽が落ちる頃には、もっと赤くなって、
翌朝には、しぼんでしまっています。

その様子が、お酒が回るようなということで、酔芙蓉。

2006/09/03

それはないでしょう!!

200692020

昨日、岐阜の山県市にある「四国山香りの森公園」に行きました。ハーブティにして飲むために、「マロウ」をわざわざ買いに行ったんです。

そこのティーハウスでのことです。

そこは、量り売りしてくれるのですけど、小袋に入れるのに、目の前で、手で入れてるんですよ!!

「きゃぁ~~~、手では止めて!!」とは言ったものの、
「もういりません!!」とは言えなかった。

ここは、ハーブティも出しているのですよ。 2組ぐらい座ってみえました。 この人たちは、わたしの悲鳴をどう感じられたかなぁ。

とても、飲めないよねぇ。

飲みたかったのに・・・

しょうがないので、小さな硝子の器に入れて、トイレの芳香剤に。

ネットで調べてみたら、我が家から歩いてもいけるところに、ハーブ工房が。ありました。

手前小さい袋のものは、入浴剤。後のポリ袋のものが、マロウとラベンダー。

2006/09/02

揖斐川橋

2006831011


2006831005

すっかり、秋の気配の漂う、今日ですね。空は、筋雲が走って、高くなりました。そろそろ、燕さんたちも南に移動する準備をしています。

画像は、伊勢湾岸自動車道の揖斐川に架かる橋です。

エクストラドーズド橋
というのだそうです。このアドレスに書いてあるように、主塔が低いので、張り渡されたケーブルとの調和がとても取れていて、形が美しい。

これが、夜間になると青くライトアップされて、一段と美しさを増します。
http://yakei.jp/db/summary.cgi?row1=twister

自分で撮りに行きたいのですが、なかなか、夜は出かけられません。^^;

「こよなく、夜景を愛するひとへ」http://yakei.jp/index.html
こんなページを見つけてしまいました。(笑)
お住まいの近くにもきっとあると思います。

2006/09/01

防災の日

2006831013

ほとんど雨らしい雨の降らなかった8月。9月に入ったとたん、しっかりとした雨が降ってます。雨が降ってもあの蒸し暑さも無く、しのぎやすい今朝です。

今日は、防災の日。1923年のこの日に関東大震災がおきたわけですが、この時期には、台風もおおいですね。

画像は、この地区、最大の人的、物的被害を出した、「伊勢湾台風」を忘れないということで、建てられた?「伊勢湾台風記念館」です。

伊勢湾台風http://www.chunichi.co.jp/saigai/isewan/

2006831014


この大きな台風のことは、よく覚えています。

2枚目の画像を拡大してもらうとわかるのですが、最悪のコースでした。満潮とも重なって、すごい洪水でした。その記憶はないのですけど、「ここまで水が来たのよ」とおしえてもらった小学校が海からずいぶん離れてました。

近くの小学校のかわらのほとんどが、飛び、体育道具収納小屋が倒壊。近所の家まで、床下に水が来ていたこと。そのころは、トイレは水洗でなく、被害はお気の毒なものでした。(-_-;)我が家は、幸い、テレビのアンテナが倒れたくらいで済みましたが。

夜中、急に、風も雨も収まり、星空が見えたことまで、まだ、記憶の底に残っています。

いまは、台風よりも、必ず、来るといわれている、東海地震、東南海地震に備えなければいけないのでしょう。

でも、一時の防災に備える人々の気持ちが、少し、薄らいでいるとテレビで放送していました。我が家も、お風呂の残り湯を朝まで置いておく。ミネラルウォーターを半ダースくらい、あと、非常食を少しくらい買い置きしてあるだけ。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »