2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ニュース

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60
無料ブログはココログ

« ラベンダーの群生を探して | トップページ | マロウカルピス »

2006/07/17

せせらぎ街道

東海北陸自動車道「郡上八幡IC」を降り、高山方面に向かう、ひだ清見三日町までの、72キロの区間。綺麗な水の流れとともに走ることで、「せせらぎ街道」と呼ばれています。

この街道は、水の流れが、太平洋側と日本海側に分かる分水嶺を通っています。ここの山から流れ出た水が、川上川、宮川と合流し、神通川として、富山湾にそそぎ、もう一方は、馬瀬川から飛騨川に、そして木曽川と合流して、伊勢湾に注いでいると言うことです。

私は、この木曽川の河口近くに住んでいるわけですけど、この源流にたどり着くのは、なんとなく、嬉しいものです。こんな小さな川が、たくさん水を集めて、やがて、大きな川となって、海に注いでいるんですよね。

私たちは、この自然の営みによって生かされてきたのだなぁと、つくづく思い知らされます。この自然の中に入ると、ほっとするのも、そのせいかもしれません。

その川の流れも撮るつもりで出かけたのですが、予定していたラベンダーが、今年はあまり生育がよくありませんでした。今年の大雪のせいで、株が弱ったとのことでした。

予定を変更して、「牧歌の里」に回ったわけです。2006715001


でも、この「せせらぎ街道」では、いろんな木々や草花に出会いました。

東海北陸自動車道「美並IC」を過ぎたあたりから、ピンクの綺麗な花をつけた木が山のあちこちに見られます。何の花だろうと思いながら走っていました。途中車を止めてみたら、ねむの木です。

いままでだったら、見過ごしてきていたのかかも。。。写真を撮るようになって、いろんな風景に目を向けることが出来るようになったことは、ほんと、写真の効果でしょうね。

Seseragi1

緑に囲まれた林の中でこんな花を見つけました。「フウロウソウ属」だそうです。
山野草早わかり写真辞典http://www.japan-net.ne.jp/~nagayama/y-hanaji/index.htmlより。

Seseragi2


« ラベンダーの群生を探して | トップページ | マロウカルピス »

コメント

yosseaさん

湿原で、足をとられないようにね。(^^)

車の運転は、ほんと危険ですよね。^^;
あちこちきょろきょろして、ほんと危ない。(^^ゞ
夫の運転のときは、「あっ!ここで止めて」
なんていうから、後続に追突されそうになりましたよ。(ーー;)

きれいな森ですね。
私のよく行く森は草木ボーボーでどこが林道だかわかんなくなってしまいます。
私も写真始める前までは何とも思っていなかった風景を最近ではよく目を向けるようになりました。
運転中によくよそみをするんで危険です(笑)

sandyさん

緑のなかの木漏れ日。みてるだけで、気持ちがよくなりますよね。

木の写真いいですね。
森林浴させてもらいました。

ちーさん

ねむの木、そちらのほうでも咲いていましたか。いままで見落としていた花がたくさんあるので、山に行くことが楽しいです。(^^)

オカトラノオも、私はじめてみたのですよ。地味な花ですから、これも見落としていたのかも。それほど高い山でないところに、咲いているようです。

リンクの件、ありがとうございます。よろしくお願いします。
こちらにも、リンクさせていただきます。

aoiさん

わざわざ調べていただいてありがとう。
サントラ盤がでていれば、ネットを検索すればでてきますよね。。。

ブログもそうですよね。私も写真を撮ってもブログと言う媒体が無ければ、皆さんに作品を見ていただけないですものね。(^^)

ブログと言うものを考え出してもらって、本とありがたいですよね。


besoさん

この川の元はどんなのだろうと、ときどき思ったことがあったのですが、実際ちいさな山の湧き水が集まって、日本でも有数の大きな川のながれになるんですね。

感激ですよ。(^^)

mimiさん

皆さんそうなんですね。いままで、雑草だと目もくれなかった草が、とても可愛い花を咲かせているのに感激することしきりです。

やすみさん
 こんにちは(^^)
今、真っ盛りの花は「ねむの木」だったのですね。
私も 何の花だろうと気になっていたので
わかって嬉しいです♪
綺麗な花ですよね、ねむの木。
優しい色合いと花の形が山の緑に映えています。

オカトラノオは、この辺では見かけませんが、山に入ったら咲いているのでしょうね。

>いままでだったら、見過ごしてきていたの
>かも。。。
>写真を撮るようになって、いろんな風景に
>目を向けることが出来るようになったこと
>は、ほんと、写真の効果でしょうね。
やすみさんも そうでしたか。
カメラを持って、あっちこっち、はたまた
家の周りや庭などを回ると色んなものが
見えてくるんですよね。
心の持ち方まで変って来るような気がします。
小さな命に感動したり、気づかなかった事に気付かされる自分がいますよね(^^♪

やすみさんのブログを出来ればリンクさせて
頂きたいのですが、宜しいでしょうか。

やすみさんへ

>「セルラー」
ちょっとネットで調べてみたのですが、
サントラCDが出ているという情報が書かれて
いないようですね。私も知らない映画なので、
何とも言えないのだけど…。
お役に立てなくてゴメンナサイね。

今日の記事も、やすみさんらしい上品な言葉の
言い回しが、読んでいて心地良いです!
>自然の営みによって生かされてきた…
のくだりなんて、いい感じですよね。
私も、やすみさんに見習おうっと!(笑)

写真を撮るということを通じて、あらためて
自然と向き合うと、また違った角度から
観察する事ができるのですね。
私もブログをはじめてから、日々の出来事に
ただスルーするのではなく、いろんな事に対して
敏感になったような気がします。

これからも良い写真を撮ってくださいね!

川の流れを逆登りせせらぎから分水嶺までたどり着くのはいいですねぇ~

予定を変更されて写された写真、しっとり秀作ですね。
惚れ惚れ見させてもらいました。

ねむの花、とてもきれいです。
そうなんです。いままで見過ごしていたものが、カメラを持つようになって、とても新鮮な驚きとともにみつめるようになりました。

せせらぎ街道、味のある名前ですね。

miroさん

私も、この名前好きなんです。(^^)
名古屋から、高山に行く道、高速道路が出来るまでは、何本かあったのですが、この道は、比較的空いているのに、風景は綺麗な道です。

秋は、紅葉がきれいです。

「せせらぎ街道」ってネーミングもステキですね。それにしても、色々な花々が!
やすみさんの写真のお陰で、わたしもせせらぎ街道を旅した気分に浸れました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラベンダーの群生を探して | トップページ | マロウカルピス »