2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« おからクッキー | トップページ | ああ、私のパソコンがぁ・・・ »

2006/05/29

ブリジストン美術館

先週,機会があって、ブリジストン美術館に行ってきました。

展示会の表題が、「雪舟から、ポロックまで」。

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibit/index.php?id=58 日本画はあまり興味がなく、また、近代絵画もよくわからないので、正直、期待してなかったのですが、西洋絵画にいい絵がたくさんあって、堪能してきました。

カミーユ・ピサロの「ブージヴァルのセーヌ河」。こういう構図が好きです。この画家は、私は、あまりよくしらなかったのですが、作風がシスレーによく似てるように見受けて、お気に入りの画家の一人になりました。(*^^)v

シスレーの絵も2枚ありました。
「サン=マメス6月の朝」。空のシスレーにしては、空の占める部分が少なかった。でも、その小さい面積の中で、丁寧な色使いでした。

ゴッホの「モンマルトルの風車」。これもゴッホの色彩とはちょっと違いましたが、丁寧な絵で、ゴッホファンでなくても、いい絵だと思われるのではないかしら。

2006527015

あと、モネの「睡蓮」も2枚ありました。睡蓮を描き始めて少し後の、睡蓮から、池の反映に移るころではないのでしょうか。睡蓮も綺麗でしたが、その池に映る柳が、離れて見ると、くっきり浮かんできます。さすが、モネと思わせる絵でした。

ピカソの絵もありました。まだ、初期の作品かなと思う絵で、意外とわかりやすい絵でした。(^^)

ブリジストン美術館のHP、コレクションの項目をクリックされると、所蔵作品をみることが出来ます。

« おからクッキー | トップページ | ああ、私のパソコンがぁ・・・ »

コメント

ピーターさん

そうかぁ。そういう絵の見方もあったのですね。(*^^)v

男性の絵は、自画像が多いので、あんまりうっとりしないですねぇ。^^;

へへへ、綺麗な女性はいいものですよ。
絵といえども。
やっぱり。
ロリコン趣味は無いけれど。

ピーターさん

私は、写真の参考にどうしても、風景画の構図に目が行く。(^^ゞ

黒田清輝さんの婦人の絵なかなかいいですよね。ポーラ美術館で、黒田清輝と岸田劉生展をやっていましたよ。

ポーラ美術館はとてもいいですよ。近いから、是非、お出かけください。

ルノワールのあの少女の絵、あどけない表情がいいですね。

でも、私は、人物画はあんまりみないんで、ルノワールも印象派の中では、あまり好きじゃないです。

私は黒田清輝の編み物している女性の絵と、
ルノワールの女の子の絵が印象に残りました。
それから、受付にどうして女性がいっぱいいるのだろうと思ったこと。

aoiさん

やっぱり自分の作品の参考にということなのでしょうね。私は、人物画はあまり好きでなくて、じっくりみるのは、風景ですね。構図をじっくりと。(^^)

私も、やすみさんと同じで西洋画が好きです。
特に、人物の顔や色使いなどをじっくり観ます。
こちらの美術館、ステキなものが沢山ありますね!
モネの睡蓮などは、色使いが好きです。

besoさん

ポーラ美術館に比べると、作品数は少ないものの、ここも秀作が揃っています。

出かけるまで、どうしようか、逡巡していましたが、見に行ってよかった。

ただ、東京は平日でも、見学者が多いので、ゆっくりみることが出来ません。^^;

大原美術館も、落ち着いた美術館で、癒しの空間ですね。

なかなかいい絵画が揃ってますね。

ゴッホ、モネは好きな画家なんですよ~☆

絵を見ていると引き込まれる時がありますよねぇ~

倉敷に住んでる時まとまった時間がとれれば大原美術館でのんびりしてた事を思い出しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おからクッキー | トップページ | ああ、私のパソコンがぁ・・・ »