2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 雨にうたれて | トップページ | 獅子岩 »

2006/05/20

七里御浜

2006517044

5月19日20日と、一泊二日で、南紀に行ってきました。総走行キロ、640キロ。運転手は、夫。

40年前、父の転勤で、私たちの家族は、一年間三重県熊野市に住みました。素晴らしい自然と素朴な人情に触れて、たった一年の生活ではありましたが、熊野は、忘れられない、第二の故郷となったのです。

母も高齢になり、もう一度、懐かしい熊野路を見せてやることにしました。2006517042

七里御浜は、熊野市から、鵜殿村まで22キロの砂礫海岸。砂浜でなく、石ころの海岸です。

画像の小石をご覧ください。すべて、角が取れて、丸くなっています。川から流れてきた石が、波に常に洗われることで、長い年月を経て、こんな風に、まるで機械で細工されたように形を変えていったのですね。

私たちが、この海岸に初めて訪れた40年前は、さかんに石を拾って見える女性たちの姿がありました。灰色の石の中に、緑や赤茶色の綺麗な色石が混じっています。これらを拾い集めて、ブローチやペンダント、ネクタイピンなどのアクセサリーとかに加工されていました。 大きな袋にいっぱいにして、それを渚から、突堤まで運んで見えたわけです。考えてみれば、すごいパワーだったなぁと思い出されます。 この日は、もうその姿は、みることはありませんでした。

2006517048

ここは、太平洋。波は常に荒く、海はすぐ深くなっています。つりをしてる人は、見かけますが、遊泳することは出来ません。渚で波と戯れることさえも、危険です。

« 雨にうたれて | トップページ | 獅子岩 »

コメント

ちーさん はじめまして

紀州にお住まいなのですね。(^^)

日本のあちこちの海岸は、かなりまわっているのですが、わたしは、この熊野の海岸が日本一美しいと思います。ずーと、この風景は残って欲しいですね。

大賀ハスを見ていただいたとのことで、今日は、ハスを写しに行ってました。(*^^)v

はじめまして(^^)
大賀蓮を検索していて、こちらに漂着致しました。
よくよく読んで見ますと私の住んでいる町のすぐ近くの事が書いてあったので
コメントを残したいなと思いました。

ここの海は特別、綺麗ですね。
紀州の海岸線の中でも 飛びっきりの
美しさと海の色だと思います(^^)

私のブログでも 紀州の色々な所を
ご紹介しておりますので 宜しかったら
ぜひお尋ね下さい(^^)

aoiさん

ここの石も、小粒になってしまったような気がします。そんな気がするだけかもしれないですけど。。。

この海岸の幅もだんだん狭くなってるようです。

波の力って大きいんですよね。

天気もよく、写真の空も、
気持ちよく晴れていますね!

ここの砂浜は、確かに普通の
黄土色の砂ではなくて、
小さな石ころが沢山集まっているように
見えます。
私もよく、シーグラスを拾ったりしますが、
始めは大かったであろう石やガラスのビンが、
こうして何年もの時を経て、
波にもまれて、まんまるくなっていくのですね。

やすみさんが、この熊野市におられた頃から、
今までの年月が、おのずとその
小さな石ころに反映されているように思えます。

人生の重みを感じずにはいられませんね。

miroさん

前日まで、雨が降って、海岸もしっとりしてたから、黒いですね。(^^)
ここを写すときには、晴れてよかったです。
前の日、山の中を走ってるときは、ずーと霧が出てました。

写真になる風景が広がってましたが、車の中からは、撮りにくいですね。(ーー;)

yosseaさん

ここは、家庭用排水が流れてくるところもないし、海岸で遊ぶことは危険なので、渚にごみが流れるということはないですね。

昨年行った積丹半島も、その前に行った知床の海も綺麗でしたけどね。(*^^)v

高速道路が半分ぐらいで、道も随分よくなっていたので、距離のわりには疲れなかったと思います。
いつも、リッター7キロしか走らない車が、今回は、11キロまで、距離が延びました。(*^^)v

空と海の青、雲と波の白、黒い海岸、
とても絵になります。
ご家族で思い出深い旅をされたようで
よかったですね。

きれいな海ですね。
北海道の海って意外と濁っているし、漂着ゴミが多いし、キレイな海を見ると羨ましくなります。

それにしても640キロの旅、お疲れさまでした。
多分北海道で640キロ走るよりもかなり疲れる旅だと思います。

ピーターさん

賢明でしたね。(^^)

ここは、太平洋。潮の干満が大きく、潮のさしてくる速度も速いです。

決して、波打ち際まで近づいてはいけないと、地元の友達に言われました。

学生のとき、この海岸沿いをテント等を入れたザックを担いだ20数名とともに歩きました。
本当は海岸にテントを張るつもりだったのに、これは危ないし何かと不便と思われ断念。
テン場探しが大変だったのを思い出します。

sandyさん

綺麗でしょう。いろんな海を見て来ましたが、ここは、他の渚とはちょっと違うんですよ。

yumiさん

ここをご存知の方がみえて嬉しい。(^^)
いいですよね。この海岸、いつまでも、座って、海を見ていたい。

那智黒石ですよね。この海岸の近所にも、工場がありましたが、いまはもうないんだろうなぁ。

>白波が手前にあればあるほど、浅瀬ではなく急に深くなってるんですよね

そうなんだ。さすが、yumiさんですね。
ここは深いだけでなく、引いていく波が、非常に強いんですよ。
あっというまに、沖に連れて行かれるそうです。

besoさん

紀伊半島の海岸線は変化に飛んで、綺麗ですね。(^^)
でも、岩がゴツゴツの海岸線の中で、ここだけは、優雅な渚が続くんですよ。

きれいなところですね。
行ってみたくなりました。

やっぱりキレイですね
ここは家族でも行った事があり、この海岸で座りながら?あの石ころの中に真っ黒な石・那智石を見つけ幾つか持ち帰り、今でもあります。
碁石に使うのですよね

やっぱり海はいい!!!(^^)
白波が手前にあればあるほど、浅瀬ではなく急に深くなってるんですよね

しっかり走られましたね。

お母さんはお喜びになったと思います。

七里御浜はまだ行ってないですが写真を見せ

てもらうと行きたくなりましたよ~☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨にうたれて | トップページ | 獅子岩 »