2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

1500円の薔薇

2006531020


2006531006

いいお天気が続くので、なばなの里のバラ園に行ってきました。

ここ数日の好天で、すっかり、ばらの花は咲ききってしまってました。(ーー;)ばらは、やはりすこし、開きかげんのときが綺麗ですよね。

このばら園は、チューリップ園と違って、ベゴニアガーデンを通らないといけないので、ベゴニアガーデンの入場料1000円をはらうことになります。これは、リピーターの地元のものにとっては、かなり不満。

ベゴニアガーデンは、もう何度見たかしら。ベゴニアは、確かに、華やかで美しいのですが、一度みたらもういいです。でも、ばらは、何度見ても飽きません。その年、その年で、違う表情を見せてくれる。その美しい気品のある姿は、まさに花の女王さまです。

でも、なばなの里の入場料500円プラス1000円も払っては、もう二度と来たくないと思いました。手入れも今一で、花にも元気なかったし。。。

2006/05/30

那智の滝

2006520048

2006520055


南紀の代表的観光名所、「那智の滝」。http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/kankou/02taki.html

ここは、どんなに雨が少ない時期でも、水が枯れることはないそうです。特にこの日は、雨の日がずーと続いた後だったので、流量の多いこと。

檜の緑に囲まれて、なんとも、荘厳な光景です。

この「那智の滝」の途中に、熊野古道のひとつ、「大門坂」があります。
http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/kankou/31kodou.html#kodou001

ここでは、平安装束を借りて、貴族になりきって、熊野古道を歩くという、趣向もあるようです。(^_^;)

書き漏らしていましたが、ネットのお友達、草さんが、開設して見えるHPに、「大門坂」の項もあります。読んでるだけで、自分も一緒に歩いているような気分になるのが不思議です。(^^)

「大門坂」http://henro.gozaru.jp/02-nakahezi/001-naka/01-naka-daimon.htm

草さんのHPアドレスは、サイドのリンクのところに貼ってあります。

2006/05/29

ああ、私のパソコンがぁ・・・

少し前から、液晶画面が、映ったり、映らなくなったりしていたので、ずーと立ち上げたままにして使っていた。

しかし、WINとか、常時安全セキュリティのアップディトでどうしても、再起動とかする必要がある。しかたなく、恐る恐るやってみると、ちゃんと画面が出てくる。

おおおおおお。。。直ってる。

ということで、最近は、電源を落とすようにしていた。

今日も、朝から、立ち上げて、何事もなく、画面は正常に映っていた。

午前中、でかけに、電源を落として行った。

戻って、何気なくスイッチを入れると、あぁぁぁぁ。。。

画面がまた、真っ暗。

もうそれからは、何度、強制終了かけて、立ち上げることを試みても、だめ。

何しろ、真っ暗なので、正常に終了させることが出来ない。

買ってから、4年半、いろいろありながら、ほとんど毎日使われてきた、私のノートPC。もう、お別れなのね。

仕方がないので、家電店のPCコーナーを回ってきた。

いいのはあるけど、買うのに悩む。

値段もだが、あまりに進化しすぎて、はて、私に設定できるんだろうか。

いままでは、リカバリーも、光の接続も自分でやっては来たのだけど。。。

悩みながら、とりあえず、帰宅して、再度挑戦。。。

あれ?直ってる。

また、命が繋がった。これで、電源さえ落とすことがなければ、しばらく大丈夫。

ブリジストン美術館

先週,機会があって、ブリジストン美術館に行ってきました。

展示会の表題が、「雪舟から、ポロックまで」。

http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibit/index.php?id=58 日本画はあまり興味がなく、また、近代絵画もよくわからないので、正直、期待してなかったのですが、西洋絵画にいい絵がたくさんあって、堪能してきました。

カミーユ・ピサロの「ブージヴァルのセーヌ河」。こういう構図が好きです。この画家は、私は、あまりよくしらなかったのですが、作風がシスレーによく似てるように見受けて、お気に入りの画家の一人になりました。(*^^)v

シスレーの絵も2枚ありました。
「サン=マメス6月の朝」。空のシスレーにしては、空の占める部分が少なかった。でも、その小さい面積の中で、丁寧な色使いでした。

ゴッホの「モンマルトルの風車」。これもゴッホの色彩とはちょっと違いましたが、丁寧な絵で、ゴッホファンでなくても、いい絵だと思われるのではないかしら。

2006527015

あと、モネの「睡蓮」も2枚ありました。睡蓮を描き始めて少し後の、睡蓮から、池の反映に移るころではないのでしょうか。睡蓮も綺麗でしたが、その池に映る柳が、離れて見ると、くっきり浮かんできます。さすが、モネと思わせる絵でした。

ピカソの絵もありました。まだ、初期の作品かなと思う絵で、意外とわかりやすい絵でした。(^^)

ブリジストン美術館のHP、コレクションの項目をクリックされると、所蔵作品をみることが出来ます。

2006/05/26

おからクッキー

Fusigi_002_1

久しぶりの料理ネタ。

今、流行のおからクッキーです。

なるべく間食をなくそうと思うのですが、我慢すると、どうしてもストレスが溜まります。

特に、外が雨で、手持ち無沙汰にネットなど覗いてると、ついつい。。。心だけでなく、お口も寂しくなります。

ウェブで、おからクッキーを見つけました。

でも、これって、かなりお高いのですよね。

そこで、自分で作ることにしました。

先日も作ってみたのですが、甘さ控えめでしたので、夫に

「これあまり美味しくないよ。」と言われてしまった。

まあ、夫は、ダイエットの必要はない体型ですけど。。。

前回は、アーモンドパウダーを入れたのですが、これは失敗でした。おからクッキーはどうしてもしっとりしたクッキーに仕上がるので、アーモンドの歯ごたえが、ないのですね。

今度は、レーズンを刻んで入れてみました。今度は、しっとりクッキーに、レーズンがよくあいます。

成功!!

クッキーなので、バターも入っているし、薄力粉もおからと同じだけ入れます。したがって、カロリーゼロと言うわけにはいきませんが、他のお菓子を食べるよりは、かなり、いいかも。

豆乳のヨーグルトも入れてみました。これも、風味をあげてると思います。

2006/05/23

Image699129


Image5362760

桐の花です。

若い方は、たぶんご存じないでしょうけど、昔はたんすはこれで作られていたんですね。「桐の箪笥」などというと、相当高価なもので、めったに見ること出来ないでしょう。

いま、山にはときどきこの藤色の綺麗な花を見ることが出来ます。私は、やまふじだと思ってました。(゜゜☆\(--メ)ポカッ
母が一緒だったので、初めて名前がわかりました。

あの、花札に出てくる「桐」ですね。そういえば、よく似てる。!(^^)!


2006/05/22

獅子岩

2006517058

七里御浜にそびえる獅子岩です。

写真を写す方向も悪いのですが、ちょっと、獅子に見えなくなってます。^^;

この手前に、同じような岩山があって、昔は、2体の獅子が海に向かって吼えている図になっていたそうですが、手前のほうは、ずいぶん以前に砕けてしまったようです。

この獅子岩も、頭のほうにもっと木が繁っていましたが、年を取って、頭髪も少なくなってます。(爆)
口ももっと大きく開けてるように見えたはずなのに、年月ともに風化が激しいようです。

先日の新聞に、「このままでは、早晩、崩壊する。」との調査結果が載っていました。これから、補強とかされるようですが、人の手を入れては、それはもはや、自然の作り出した芸術とは違うものになってしまいますよね。

2006/05/20

七里御浜

2006517044

5月19日20日と、一泊二日で、南紀に行ってきました。総走行キロ、640キロ。運転手は、夫。

40年前、父の転勤で、私たちの家族は、一年間三重県熊野市に住みました。素晴らしい自然と素朴な人情に触れて、たった一年の生活ではありましたが、熊野は、忘れられない、第二の故郷となったのです。

母も高齢になり、もう一度、懐かしい熊野路を見せてやることにしました。2006517042

七里御浜は、熊野市から、鵜殿村まで22キロの砂礫海岸。砂浜でなく、石ころの海岸です。

画像の小石をご覧ください。すべて、角が取れて、丸くなっています。川から流れてきた石が、波に常に洗われることで、長い年月を経て、こんな風に、まるで機械で細工されたように形を変えていったのですね。

私たちが、この海岸に初めて訪れた40年前は、さかんに石を拾って見える女性たちの姿がありました。灰色の石の中に、緑や赤茶色の綺麗な色石が混じっています。これらを拾い集めて、ブローチやペンダント、ネクタイピンなどのアクセサリーとかに加工されていました。 大きな袋にいっぱいにして、それを渚から、突堤まで運んで見えたわけです。考えてみれば、すごいパワーだったなぁと思い出されます。 この日は、もうその姿は、みることはありませんでした。

2006517048

ここは、太平洋。波は常に荒く、海はすぐ深くなっています。つりをしてる人は、見かけますが、遊泳することは出来ません。渚で波と戯れることさえも、危険です。

2006/05/17

雨にうたれて

2006517014


連休が明けてから、ぐずついたお天気がずーと続いています。

画像は、きりしまつつじ。例年、つつじ類の中で、一番早く咲く種類です。昨年は5月2日にアップしてます。
今年は咲くのが遅れたところへ、雨が続いてすぐだめになってしまった。花後の若葉がもう芽を出しています。

ブログを続けていると、一年の移り変わりが記録されて、こうして、みると、とても懐かしい。コメントを寄せてくださる皆様のことばが、とても励みになります。<(_ _)>

2006517008

2006517010

冬知らず(カレンデュラ)。キンセンカと同属ですが、ずーと小さい。冬も元気に花をつけるのですが、今年の冬は、さすがに、あまり、元気がなかった。

陽がさしてると、花は綺麗に開くのですが、曇ってくると、だんだん花びらを閉じてしまいます。朝の陽がさしているうちに、前ボケ、後ボケの練習をしていたのに、だんだん、花が、とじてしまいました。


2006/05/16

アレナリア・モンタナ

2006512016

我が家は郊外の住宅地にありますので、周辺には、花苗のお店がたくさんあります。市の関係か、日曜日とか月曜日には、割引のお店が多いんですね。。2006512002


昨日は、久しぶりに、このアレナリア・モンタナを探しにガーデニングショップに行ってきました

なんと目的のこの花が「1ポット128円×16個」、そして、サフィニア「1ポット97円×12個」が、一つのケースに入って、1500円。これの3割引。(*^^)v

買ったぁ~~~

花は小さく2センチくらい。こんもりとして、マット場に広がりますので、花壇のグランドカバーにもいいと思います。

2006/05/13

名古屋城

2006512021

今週になってから、ずーと憂鬱な空模様が続いてます。
今日も、朝から雨です。心の中は曇り空。。。(^_^;)

昨日は、名古屋まで出る用事があったので、名古屋城まで、足を延ばしてみました。

久しぶりの名古屋城。


数年前の通信のオフ以来、久しぶり。
あの時は、棚にいっぱい藤が下がっていましたが、昨日は、さすがにもう、散ってしまって、すっかり青葉に衣替えしていました。


こんなお花が咲いていました。名前がわからないんですよね。2006512004


ヒメウツギかなとも思うのですが、違っていたらごめんなさい。

名古屋城は、平日でしたが、ちらほら観光客の姿も。

なかでも、外国人の方が目に付きました。

二の丸茶室で、お茶を頂こうとしたら、

「今日は、金の茶釜でたてておりますから、どうぞ、座敷のほうで、召し上がれ。」

そうおっしゃっていただいたので、不調法ながら、あがらせていただきました。2006512013


そこへ、アメリカ人のご家族ずれと思われるご一行様が。。。

珍しいので、やっぱり、緋毛氈のうえで、召し上がってみえました。さすがに、おじいさんは、座れずに、体育館座り。^^;

2006/05/11

造形の美

2006325208

静岡県「浜名湖」上を走る東名高速道路です。左端に見えるのが、東名高速道路では、一番人気のある「浜名湖SA」。


2006325023

建設中の第二東名。静岡県には、有名な川が何本もあります。浜松市だと磐田市との境の天竜川でしょうか。これは、もう少し小さい都田川に架かっています。

2006429071

中津川有料道路に架かる橋。下を流れるのは、木曽川です。5月2日の記事で、付知川と紹介しましたが、すでに木曽川でした。方向音痴のため、失礼しました。<(_ _)>


橋が好きです。

山道を歩くと、渓流に渡された小さな橋に出会います。
どうしても、渡りたくなります。

釣り橋や、田舎のあぜ道にかかる小さな木の橋。
朽ちかけて、私が渡っても大丈夫かしらと思えるような橋。

でも、やっぱり、渡ってしまいます。(爆)

鉄とコンクリートで頑丈に作られた橋。
これらも、やはり、好きです。

ただ、頑丈にということだけでなくて、周囲の風景とも見事に調和してる。
そう思います。

気持ち悪いけど。。。

今日も朝から雨。2006511001

昨夜の降りだしが早かったから、あがるのも早いだろうと期待したのは、甘かったみたい。

春も、初夏も飛び越して、一気に入梅となるんだろうか。。。

カーポートから、玄関まで、ナメクジがうようよ。

まえから、パンジーはほとんどが、ナメクジにぼろぼろにされていたけど、他のお花の鉢にも寄ってきている。

朝から、ナメクジ退治です。

スーパーの小さいポリ袋に、塩をたっぷり入れ、割り箸で、一つ一つ捕獲。

ナメクジは、他の害虫と違って、普通の農薬を散布しても、全然効きません。ナメクジようのスプレーも買ったことありましたが、ほとんど効かなかった。

効果があるのは、ナメクジが活発に行動する夜、小さい器にピールを入れて花壇において置く。ナメクジは、それを飲みに来るので、面白いように入ります。

しかし、朝、それを処分するのが気持ち悪い。

「ゴキブリホイホイ」のナメクジ版みたいな捕獲器もありますが、これは結構一個が高い。

而して、一つ一つ、根気よく、駆除することになります。

ナメクジの卵って、みられたことあります?チューリップの球根を掘り起こしたとき、一面にそれがついていて、ひっくり返ったことあります。私。(/||| ̄▽)/ひぃぃぃっ 

2006/05/09

@nifty:NEWS@nifty:番組のダイエット法に苦情(共同通信)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:番組のダイエット法に苦情(共同通信).

先週の土曜の夜、たまたま、ついていたテレビで、この番組を放送してました。

リンクを開いていただくとわかっていただけますが、白いんげん豆をフライパンで3分炒り、それを粉末状にして、ご飯に混ぜ、食べるというもの。

白いんげん豆に含まれる「フォセオラミン」が、炭水化物の吸収を抑制して、体内にブドウ糖として蓄積させない働きをするというところに着目した、ダイエット法だそうです。

この、「白いんげん豆」が出てくるまでに、長いこと番組を引っ張る。(ーー;)

この「白いんげん豆」が登場したところで、私はすぐ、スーパーに走ろうと思いました。が、待てよ。このインゲン豆を粉にする機械が必要です。そこで、ネットで、「イワタニのミルサー」を注文。

それから、番組が終わった直後です。車で3分の、スーパーに走りました。

売り場の乾物コーナーを見たら、「無い!」ノ ̄□ ̄)ノオオオォォォォ!ミ((ノ_ω_)ノバタ

他の豆類はありましたが、白いんげん豆だけがありません。翌日、他のスーパーを探しましたが、時すでに遅し。
「土曜日のテレビで放送されたため、売り切れております。云々」の張り紙が。。。

しかし、テレビの影響はすごいですね。この前には、「寒天ダイエットブーム」で、スーパーの棚から、寒天が消えました。この寒天は、普段からでも、お菓子の材料として、よく売れている商品です。たくさん売り場にあリましたので、私も、早いうちに買い占めました。(゜゜☆\(--メ)ポカッ

でも、ちゃんと手に入れて、さっそく試してみたら、身体の変調とは、お気の毒。^^;
豆は生で食べると、お腹を壊したりするそうですね。お手軽ダイエットには、落とし穴があるものです。

しかし、当分、白いんげんは出てこないでしょう。これを材料にしている和菓子のお店が、一番迷惑こうむってるでしょうね。(^_^;)

困ったのは、今日、ミルサーが配達されるんですね。肝心の白いんげんは手に入らないのに。(ーー;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の牡丹の色変わりです。
200656050


200656072_1


2006/05/08

艶やか

200656061a

長かったGWも終わりましたね。

天候にこんなにめぐまれたことは、近年では珍しいのではないでしょうか。
皆様よい休日を過ごされましたか。(^^)

昨日は大雨でしたが、幸い黄砂は、流れてきていなかったのか、2階のベランダの手すりも、車も茶色く汚れていなかった。

最近は、少々の雨だと、傘などささないで、走っちゃいますよね。でも、考えてみれば、車があれだけ汚れるということは、傘をささないと、服も頭もかなり汚れるわけですね。(・_・;)
う~~~ん。これからは、こまめに傘をささないと、だめですね。

さて、トップ画像は、何の花でしょう?お分かりでしょうか。

バラでも、ベゴニアでもなく、牡丹です。

花の撮り方の本を参考にしたら、「牡丹はこのように、花びらの一部を接写で」と書いてあり、それを実行してみました。このはなの美しさはそれなりに伝わると思いますが、これでは、牡丹でなくてもいいような気が。。。^^;

JPEGファィルで、色が少々、滲んでしまって、お見苦しいです。(ーー;)

200656012


200656010

200656002


200656060

200656052


ボタン園の全体像が伝わりましたでしょうか。(^^)

5月6日、この日は、天気も下り坂。空はあいにくの雲が出ていまして、青空と艶やかなボタンの花と言うわけにはいきませんでした。

ここは、三重県と岐阜県の県境、いなべ市農業公園です。鈴鹿山脈と養老山脈の中間くらいになるのでしょうか。ここを越えると、有名な合戦地関が原です。

三重県から岐阜県に抜けるR306号から、県道にそれて、山に登っていきますと、突然、視界が開けて、約13000平方メートルの広大な敷地が現われます。そこに、40種類、5000株のボタンが植わっています。

昨日の、大雨で、これら咲き誇っていた花は、しょんぼりしてるんだろうなぁ。

2006/05/07

れんげ草

200654004

今日は、朝から、久しぶりの本格的な雨降り。200654016

野山の木々も、たっぷり、水に浴して、ホッとしていることでしょう。

GW最後の日としては、ゆっくり骨休めにちょうどいいでしょうね。(^^)

「津島の藤まつり」を見に行ったときに見つけた、れんげ畑。

ここも、「れんげまつり」を開催していたようです。

土壌改良のためのれんげ畑でなく、休耕田に観光用として栽培されたのか、雑草や麦が、やたら目に付いて、綺麗なれんげ畑は、お見せできないです。(ーー;)

2006/05/06

尾張津島藤まつり

Image3888426

愛知県津島市にある、天王川公園の藤まつりに行ってきました。。Image2592826


お天気がよかったこともあってか、午後3時頃でも、まだまだ、人出はいっぱい。


この公園は、天王川という名前ですが、現在は池になってます。江戸時代は、木曽川の支流として、町の中央を流れていたそうです。

ここの藤棚は総面積4,550㎡。藤の種類は9種類。でも、私は、すべて同じようにしか見えなかった。(^^ゞ

Fuji


2006/05/04

すずらん

Image2768548

Image9852545


5、6年、いや、もっと前になるでしょうか、実家の母が植えてくれたすずらん。
一度も花が付かなかった。(ーー;)

それが、今年は、たくさん咲きました。株は5つくらいですが、そのうちの3株に可憐な花をつけてくれました。

特別、肥料を与えたわけでもないのです。考えられることは、今年の寒さが異常だった事ぐらい。
すずらんの咲く気候に合致したということでしょうか。^^;

すずらんは、真っ白で、ごく小さい花が並んでいるため、とにかく、写しにくい。昨年、すずらん高原で写してきたすずらんは、すべてピントが外れておりました。今回は自宅の庭なので、なんとか、カメラに収めることが出来ました。2,3時間、地面に這っておりました。(爆)


2006/05/03

成功

200651001

ガーデニングに興味のない方には、つまらない話ですが。。。(^^ゞ

ペチュニアのさし芽に成功しました。(*^^)v

15本くらい挿して、5本はだめ。5本は綺麗に根がつきましたので、鉢に植え替え。後、5本はまだ可愛らしいのが出てるだけなので、また、挿し芽の床に逆戻り。

特に、この写真の一本は見事に根っこが出ています。

ペチュニアと言っても、某メーカーの登録種。1ポット300円から400円くらいで、販売されてます。一つのフラワーポットに、だいたい、3ポットは植えないと、見栄えよく、ならないのですね。
もったいないので、今年は、1ポットだけ買ってきて、さし芽をしてみたのが、3月半ば。それから、なかなか、育ちません。

ここに来て、ようやく、春らしい気候になったおかげで、昨日、苗床を見てみたら、このとおり。

● 品種登録済の品種については、育成者権者(弊社)の許可なく営利を目的として繁殖または販売することは、法律で禁じられております。

販売目的でなければ、繁殖させていいみたいです。

Sai

左は、サフィニア。右は、カンパニュラ。
中央は、1月22日に紹介した、「敬翁桜」。花瓶に挿してあったものが、花が散った後、芽を出していたので、これもさし芽をしてみました。小さな根っこが出ていましたが、成功かどうかは。。。まだ。(^_^;)

2006/05/02

岐阜東濃

Test


« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »