2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« レバーペースト | トップページ | 伊良湖崎・恋路が浜 »

2006/02/19

鳥羽湾の朝

image2045991

美し国、まいろう。伊勢・鳥羽・志摩

伊勢志摩キャンペーンの一環で、「鳥羽国際ホテル」の一泊朝食つきの優待券を頂きました。ちょうど、夫が休暇が取れたので、これを利用して、17日、18日の二日間、伊勢湾を一周してきました。

http://www.umashi-kuni.jp/present.html
2006

鳥羽の玄関に位置する、老舗のリゾートホテルで、こんなときにしか泊まれません。^^;
部屋も豪華で、ホテルマンの方も感じのいいかたばかりで、とてもよかった。

食事も夕食、朝食とも充実していて、堪能しました。

トップの写真は、朝、ホテルの遊歩道からみた、朝日が登る前。まだまだ、寒い朝でした。

image5741152

だいぶ、夜が明けてきた空。ホテルのテラスからです。

« レバーペースト | トップページ | 伊良湖崎・恋路が浜 »

コメント

okiさん

この地方、中部国際空港が出来たことで、観光キャンペーンも盛んですね。

近くの本屋さんがなくなったので、なかなか立ち読みが出来ないのですが、また覗いてきますね。

今発売中の「週刊ポスト」に「愛知、三重、岐阜で訪ねるお薦めスポット」というのが載ってます、夫婦水入らず「プレサージュ」でいくというのがなんとも/笑。
それによれば愛知は「源氏香」というエステも楽しめるところ、三重は老舗「柿安本店」とか「パラミタミュージーアム」の池田満寿夫の企画展示とかがお薦めとか、やすみさんいかれたことありますかー。

okiさん

前から、一度泊まりたいと思ってたホテルなんです。
ほとんど半額以下ですからね。^^;
普通に二人分払っては、とても泊まれないです。

伊勢神宮は、団体の観光客が減ったので、お参りの人も少なくなりましたが、それでも、平日でも多くの人が参拝にみえてました。

ねねさん

海には確かに癒し効果がありますね。
生命の誕生が海であるという、人間の記憶の中DNAが働くのでしょうか。^^;

ねねさんに案内していただいた、児島の海も綺麗でしたね。いまでも、記憶に残ってます。

招待券、無料券じゃなく優待券ということはお金は払ったということですね/笑。
伊勢にも行ったことありますが、泊まったホテルは海があまり見えなかった。
南紀に行く途中に立ち寄ったので伊勢神宮とか伊勢参りはしなかったのですよ。
一度は行きたい伊勢神宮。

綺麗ですね!
こんな素晴らしい景色を眺めていると、様々な思いも吹っ飛んでいきそうですね。
こうやって写真を眺めるだけでも癒されますもん。

まふゆさん

海が広いので、朝焼けがどこまでも広がるのです。
とても綺麗な風景でした。

お天気も良くて、きれいな朝焼けですねぇ(^。^)

スタンプさん

いつも朝が早いので、ちょうどいい時間に目が覚めました。(^^)
太陽が出るところは、山のほうで、しかも、小さい山が邪魔をして、朝日の昇る瞬間はあまり綺麗でなかったのが残念。

風があまりなくて、水面が穏やかだったので、よかったです。

朝日の黄昏も、なかなか良いと思いました。
ほんの僅かな時間(恐らく10分程度)のシャッターチャンスでしたね。
上手く撮れてます。

aoiさん

この日は、お天気がよくて、風が強く、朝焼けを写すには、絶好のコンディションだったんです。(*^^)v
そのかわりさむかったぁ。

山の緑もいいですけど、広々とした海は、のびのびしていいですね。
aoiさんは、白い雪の広々とした風景を眺めて見えるから、それが、いい息抜きでしょう?(^^)

この写真は、やすみさんが撮られたものなのですか??
え?絵葉書じゃなくて??
こんな景色、実際に見たこともありません…
こういう景色を見られたら、もっと生き生きとした仕事ができるかもしれないなぁ…と、ふと思ってしまいました。

kazahanaさん

海から朝日が登ってくれるとよかったのですけどね。登るところは、ちょうど山からで、しかも、その前にまた小さい山がある。(~_~;)

お天気がよかったので、海の色が刻々と変わり綺麗でした。

きれいな朝焼け♪ですね~
海もオレンジ色から紫色に変わっていて素敵。
時間の推移とともに刻々と変わっていくのは、
見ていて面白いですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71585/8738384

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥羽湾の朝:

« レバーペースト | トップページ | 伊良湖崎・恋路が浜 »