2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 照り降り人形 | トップページ | からくり箱 »

2005/07/04

花まめの煮物

yourou-052

またまた、花まめの煮物。豆の煮たものなどは、あまり食べない夫も、この豆だけは美味しいといって食べてくれる。

今回は、より美味しく煮ることが出来た。圧力鍋で、一度、やわらかくする。その煮汁はすてて、別の出汁で煮た。味付けに、この醤油がよくあったように思う。コクが一味違う。yourou-051

http://www.isesyoyu.co.jp/伊勢醤油。
刺身醤油やおなべのときに、出汁で薄めても美味しい。

« 照り降り人形 | トップページ | からくり箱 »

コメント

ささらさん

伊勢醤油、ご存知でしたか。さすがですね。
冷蔵庫に入れてなかったので、慌てて、入れました。ありがとう。(^^ゞ

aoiさん

花まめ。私もお隣のおばあさんにいただくまで知らなかったんですよ。白い大きい豆ありますね。あれとおなじなんだけど、こちらが好きです。
岡山にも有名なお醤油があるのですね。
材料自体が出汁が出るものだと、普通のお醤油で作りますが、お出汁でことこと似るものは、いい醤油だと味が全然違いますね。

花まめとは、いわゆる豆ですかね?
初めて聞きました!

私は、お醤油は岡山で売っている『キミセ醤油』とか、ここぞとゆう時は、良いお醤油を使います。
良いお醤油は、塩辛さだけが主張していなくて、少し甘みもあり、まろやかですよね!

やすみさん、こんんちは♪

わたしも、伊勢醤油のファンです。
おいしいですよね。
結構お高いので、もっぱら刺身醤油専用にしていますが。
夏は冷蔵庫に入れないとカビてくるので、それも、
本物らしさを醸し出しています(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71585/4825307

この記事へのトラックバック一覧です: 花まめの煮物:

« 照り降り人形 | トップページ | からくり箱 »