2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« からくり箱 | トップページ | お経 »

2005/07/06

五十肩その後

yourou-008

「紫露草」歩いてリハビリに通ってる途中、あるおうちの垣根に植わっていた。いわゆる昔からみる露草とは別のもののようだ。ネットで調べたところ、北アメリカ産になっている。これも外来種で、野生のものらしい。
でも、なかなか、趣のある花で、和風の庭の片隅にひっそり咲いているのもいいものだ。

昨年の9月の半ばに、違和感が出て、10月にはすっかり上がらなくなっていた左肩。懸命に通ったリハビリのおかげで、99%回復した。まだまだ、完全に手が回るわけでもないが。。。右肩も、5月の終わりくらいまで、夜、必ず、一度は目を覚ますくらいの痛みだったのが、それは治まった。

なにより、一時は、気分が落ち込んで、何もしたくない状態だったのが、草引きをしたり、掃除をしようと言う気になってきたのはありがたい。どこが悪くても、精神的に落ち込むもの。右肩もどんどんよくなっている。再発しないように、毎日、少しずつでも、ストレッチでもしなくちゃ。


« からくり箱 | トップページ | お経 »

コメント

wakoさん

やはり、3年もかかりましたか。マッサージとかの手技で治してもらわないとそれくらいかかる人も見えるようですね。

私も、最初整形で、自分で腕を引っ張るリハと
あと注射を打ってもらってました。

そしたら、3回目になんと失敗されたんです。
びっくりして、血圧が150まで上がり、それから、しばらくあがったままでした。(*_*;

ちょうど、私より、数ヶ月前にかかった友人が、マッサージしてもらって、治りが早いと言っていました。幸い、内科でマッサージのリハビリをしてくれるところがあって、整形の通院を止めて、内科に変えました。これがよかったみたいです。

あのまま、整形に行っていたら、両方があがらないまま、泣いてるところでした。(ーー;)

五十肩大変ですね。
私も右が痛くなって、直らないうちに左、腕が真横まで行くのがやっとで大変でした。
3年以上はかかったかしら。
お医者さんに行って注射をしていたのですが、ある先生にあまり注射もしないほうが良いといわれて、止めましたが、他の先生は手術をしないと直らないと(整形外科の先生だけでも何人もいてそれぞれ意見が違うんです。)結局何もしないで自然に治るのを待つことを選択しました。
今でも肩は弱いかもしれません。

なずなさん

腕が上がらないとほんと不便ですよね。
今まで、あけることが出来た台所の棚が、開けられない。いちいち、踏み台を出さなくちゃいけない。背が低い人の不便さが実感できました。(^_^;)

40肩にはなりましたよ。
病院に行くほどではなかったけれど
上がらない不便さは ありました。

昔からよく見る、あの「露草」とは 違うんですね。私、あの花も好きです(^。^)

kazahanaさん

ありがとうございます。
体の自由が利かないと、ほんと大変です。(ーー;)
あらためて、身障者の方の大変さに思いがいたりました。

和風の花でしょう。昔からの露草より、もっと、
風雅です。

aoiさん

若い人でも、今ディスクワークとパソコン操作で、四十肩、五十肩多いそうです。なるべく、
普段使わない筋肉のストレッチしてくださいね。

まっくろさん

私も、なるまで、軽く考えてました。話をして始めて、友達もみんなかかってた。(ーー;)
肩甲骨をなるべく、緩めて、動かすようにしてくださいね。

五十肩...聞けば聞く程辛そうですね。
私もちょっと頑張って運動しなきゃ。
お大事に!

そんなことがあったのですか!?
それは大変だったでしょう・・・凄くよく分かります。
だけど、よくなって本当によかったです!!

私も、スキーで無理をして、つい最近まで膝が痛かったのですが、毎日気づいた時にストレッチをするよう心がけています。

毎日、続けていくことが大事ですね!

やすみさん、こんばんは!
肩よくなって良かったですね♪
体って、例えば指一本でも違和感があると
すっごく気になりますよね・・・
肩なんて、大変そう。大事にしてください^^

紫露草というのですね。
初めて見ました。
ホント、和を感じる清楚な花ですね。
アメリカ産なんだ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71585/4852660

この記事へのトラックバック一覧です: 五十肩その後:

« からくり箱 | トップページ | お経 »