2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

瀬戸焼

yourou-026
愛知万博に行ったとき、お昼に食べた散らし寿司が入っていたもの。お値段は1200円と内容に比べて、、少し高めかなという感じでしたが、この瀬戸物の蓋付の器が持ち帰れます。

この蓋の絵柄は、モリゾウとピッコロ。夫は、これをゴキブリの絵柄といいます。でも、そういえば似てないこともない。(爆)

昨夜の煮物、糸昆布と油揚げとインゲン。少し薄味でしっかり煮込みましたので、色が悪い。(ーー;)

2005/06/27

スイカの食べ方

yourou-023

暑いです!!なんて言うか、とても嫌な暑さです。ねとっと、湿度がまつわりつくような、暑さ。

いっそう、夕立でも降ってくれると、気分も違うのですが。。。雨は嫌だけど、夕立の豪快な雨を窓の内から眺めるのは、なんとなく、心踊るのは私だけじゃないですよね。

さて、こんな季節、スイカがさっぱりのど越しに良くて、大好きです。

写真は、夫にスイカを出すときの盛り方。小さくきって、フォークで食べさせるのです。スイカは八つ切りくらいの大きさをかぶりつくのが一番ですよね。でも、それをすると、周りを汚すので、こんな風にしてる。

甘やかせてる?いえ、スイカの食べ方の醍醐味を奪ってるのです。(^_^;)

2005/06/26

おくやみ

yourou-024
いつも、訪問いただいてるmimiさんのお母様が亡くなられました。享年88歳。

mimiさんは、遠く離れて住んで見えるお母様に、毎日一枚ずつ自分が撮られた写真を絵葉書にして、送って見えました。お母様もそれを毎日とても楽しみにして見えたそうです。

そのお話に感銘を受けて、自分もその十分の一でも母のことを思ってあげなければと、しみじみと反省したものです。

このたび、ブログを一時閉鎖されることにされるそうですので、リンクを外させていただきます。また、新しいmimiさんの世界が開かれることを心待ちにして。。。

夏はきぬ

yourou1

暑い!!雨が降らない!!空梅雨特有の空模様で、雲がいっぱい広がってるのに、一滴の雨も落ちてきそうにないのだ。

我が家は、郊外で、比較的緑に恵まれている。窓を開けると涼しい風が通る。東西南北に窓があるので、
クーラーを入れなくても、日中過ごせるのだ、本来は。。。

ところが、お隣のエアコンの室外機が、我が家の窓のすぐそば。まあ、それでも、5メートルくらいは離れているのだが、その室外機がどうもかなりの年代ものらしい。。。めちゃくちゃ大きい音なのだ。

お隣の方はとってもいい方で、いつも親切にしてもらっているので、とても、エアコンの騒音ぐらいで、絶縁状態になどなりたくない。

今年も、また、暑くて、鬱淘しい夏がやってきた。

2005/06/25

ヒメジョオン

yourou_021


山野草のヒメジオンと混同していた。これは、まったくのべつものだそうだ。どこでも見る雑草ですね。
デジカメ付き携帯に、昨日購入したマクロで写して見ました。下の、南天の花もそうですが、結構、うまく撮れます。お花を写すのが目的で出かけるときは、これで充分ですね。

南天の花

yourou-022

南天の花。今、小さな花がいっぱい咲いている。秋には真っ赤な小さい実がなる。これが、小鳥には美味しい餌らしく、お正月に飾ろうとする頃には、すっかり無くなってしまってる。

南天を庭に植えるのは、「難を転ずる」ということで、縁起物らしい。
「難」いっぱい転じてくれるといいなぁ。

2005/06/24

交換レンズ

yourou-017

yourou-015 カメラ付き携帯電話用マグネット式コンバーションレンズ。マクロ4.0x、ワイド0.5x、望遠2.0x。 以前、週刊誌の新製品紹介で見て、欲しいと思っていたもの。今日、東急ハンズで買ってきた。残念ながら、望遠は今日は在庫切れ。値段は、2480円。値段の割りに、本格的なガラスレンズで、なかなかの優れもの。特に、マクロの機能は、優秀だ。携帯電話本体のマクロ機能のうえに、このマクロレンズをつけると、左のように撮れる。これは、ケーキの上に乗っているミント。背景をぼかす事も出来そう。
装着は、マウントリングというものがあって、一方に接着剤がついていて、それをレンズ周りに貼り付ける。片面は
磁石になっていて、そこにレンズをつけるだけ。レンズ保護カバーもちゃんとついている。

http:www.toda-seikoh.jp/製造・販売元 トダ精光

yourou-019

2005/06/23

紫陽花

fusigi_001
顎紫陽花。普通の紫陽花はピンクがすきなのだが、この顎紫陽花の方は、この濃い青がすき。紫陽花は、花と思われているところはがくで、花は真ん中にあり、それを真花と呼び、それが咲くと各地の気象台では、紫陽花の開花宣言をするそうだ。この顎紫陽花は、この小さな花がその真花なのかしら。普通の紫陽花は、みてみたけど、真花がどれかはわからなかった。

入梅したと言うのに、相変わらず、雨が少ない。3週間ほど前に行った飛騨から美濃のドライブ途中でも、どこかの湖、水が半分もなく、周囲の赤茶けた土手が見えていた。

2005/06/21

大沼・駒ケ岳

koma12

あっという間に、一年が過ぎてしまった。昨年、訪れた函館、大沼湖の写真。

2005/06/20

ことわざ・名言辞典から

私が遊びに行く、ある掲示板に「ことわざ、名言」にひねりを利かせて、おもしろいものを作るというコーナがある。

それに投稿するのに、わざわざ、「ことわざ・名言辞典」創元社刊を購入してきた。

そこで、自分に対する戒めにもなることわざを拾った。

「遠きを知りて、近きをしらず」
他人のことはよくわかるが、自分のことはわからない。

はたして、「礼儀を尽くす」ことを実践しているだろうか。

けっして、

「おどけにも人をすさむな」
たわむれにも、他人をもてあそんで悪く言ってはならない。

このようなことは、あってはならないと思う。。。

2005/06/16

付知峡「ヒトツバタゴ」

別名、ナンジャモンジャ。当初、名前がわからなかったと言うことで、なんじゃもんじゃの樹と呼ばれたそうだ。
新緑がまぶしい頃、山のあちこちに、白く雪を被ったような樹を見ることができる。

私は、あまり好きな花ではない。

ただ、このアングルでは、後ろの青い川の流れにとっても映えて、綺麗だった。白い花は、ピントが合いにくい。
ホワイトバランスを調整すれば、もっと綺麗に写せるのだろうか。

2005/06/15

車リサイクル法

来月が車検の期限なので、早い目にディラーに連絡をして、来週に予約を入れた。事前に必要のないところもあるのだが、このディラーは、法定の諸税と強制保険料を先に支払わなければならない。

今回はそれ以外に、リサイクル料金がいると言う。

え?と驚いた。廃車にするわけでないのにどうして?

新車購入時。廃車手続きのとき。それ以外に、今年の1月から、最初の車検のときに払うのだそうな。考えていたより、また、車検の費用が増えて、頭の痛いことこの上ない。

2005/06/13

ジグソーパズル

fusigi

夫を待つ時間つぶしに100円ショップを見つけた。まだ、新装開店したばかり。店内は真新しい。100円ショップの商品は大手スーパーに比べて、意外と「MADE IN JAPAN」が多いので、私はお気に入り。

そこで、目的もなく、色んな商品をみていたら、このジグソーパズルを見つけた。
108ピース。B5サイズ(18.2×25.7cm)。
途中、30分くらい休憩したが、正味1時間くらいで完成。

10年位前は、1000ピースを3日間、寝る間も惜しみ、ほとんど、ぶっ続けで、完成したことがある。始めると病み付きになるのだ。でも、既に、1000ピースを完成する、気力も体力もない。その点、この108ピースは手ごろ。
なにより、大きさが、保存しておくのにもちょうどいい。きちんと糊も添付されてるところも、律儀で好感が持てた。

このゴールデンの子犬の表情もかわいい。今度は、柴犬のがないか探してこよう。

2005/06/12

yourou-002

闇夜に飛ぶ蛍が見えますでしょうか?けっして、あなたのPCにごみがついてるのではありません(爆)携帯電話のカメラで写したので、こんなものです。デジカメだと強制発光してしまうので、だめなんです。

最近、蛍を育ててる地域が増えてますね。私の住む市の郊外にある団地の一角の水辺でも、放たれました。ほんの狭い水路のところですが、幻想的な光のショーを見ることが出来ました。子供の頃、母の田舎に行くと綺麗な水辺にたくさんの蛍の乱舞を見たことを思い出しました。

水路の入り口で、係りの人が「注意書きを読んでいってくださいね。」お願いされ、そこには、「蛍を採らないで!」
と書いてありました。しかし、お構いなしの人もいるのですね。

嫌がる孫の手に、一生懸命乗せてるおばあさんが。。。

決まりを守る、ルールを守るということを教えなければいけない人が。。。こんな人が身近にいる子供。気の毒だなぁとおもいました。

2005/06/11

付知峡「虹」

付知峡の滝。虹が出ている方が「仙樽の滝 」。落差があるほうが「高樽の滝 」だとおもうのだけど、しっかり、記録してきてなくて、わかりません。

R257号付知峡口から、車で入っていくと「仙樽の滝」の入り口までは、道幅は割と広く通行は楽です。ここから、遊歩道が作られていて、付知峡自然休養林を歩くことになります。木漏れ日の中、豪快に水しぶきを上げる滝を見ながらの森林浴は、とても清清しい気分。

この虹をなるべく大きく写そうと望遠で撮ったけど、あとで見てみると、滝だということが分からない。もっと、離して
写さないといけないのだ。何でも、望遠をいっぱい利かせることしか考えてなくて、大失敗。

2005/06/10

宝くじ「ロト6」

yourou

ころっと、話題を変えて。

ジャンボ宝くじを年に1,2回買っていた。が、必ず当たる末等だけしか当たったことなかった。わざわざ、全国でも良く当たると評判の名古屋駅まで交通費を使って買いに行っていたが。。。いかにも、くじ運がわるい。^^;

一年半くらい前に、この「ロト6」を買い始めた。
これは、1から43の数字の中から、すきな数字6個を選んで、買うというもの。一等は理論値2億円。末等は5等、1000円が当たり。当たる確率は一等はジャンボ宝くじと同じ。末等は11倍で、数字を選ぶ宝くじの中では、一番確率がいい。一口、200円で、5口買えば、ほぼ、2回に一回は、損はしないという確率。

数字は機械で抽選してアトランダムに出てくるわけで、そこに法則などは存在するわけでないはず。。。なのだが
しかし、これが不思議なことに、毎回、数字の出方をみてると、確かに流れが見えてくる。そこには、ひとつの法則らしきものが存在するらしい。

もちろん、確実にこの数字というのが決まっていれば、宝くじにはならないのだが、大体この辺の位置。そんな推測は、ある程度できる。そこがうまくつぼにはまって、数字がそろうと、大当たり。。。

昨日は、久しぶりに4等が当たった。もちろん賞金はたいしたことないのが、自分で、数字を考えて、当てるところに、この宝くじの魅力がある。

当選 01-10-13-22-29-32 B38
4等  08-10-13-29-32-40

2005/06/09

宇津江四十八滝「紅更紗どうだん」

yourou_108

宇津江四十八滝でみつけた紅更紗どうだん。可愛い花。白いドウダンつつじは、よく見かけるが、紅更紗どうだんははじめてみた。白いドウダンに比べると、貴重で人気も高いとか。yourou-110a
yourou-126a

苦手な昆虫の中では、比較的見ることが出来る蜂が、お尻を出して、盛んに蜜を吸っていた。顔が見えないので、画像に収めることが出来た。^^;yourou-124a


2005/06/08

付知峡「不動滝」

yourou-194

付知峡は裏木曽県立自然公園のなかにある。森林と美しい渓谷が織り成す自然の芸術品。新緑がまぶしい。また、霊峰御岳の雪解け水が流れる付知川、中部圏五色川のうちの青川と称されるだけあって、周りの緑をまるで川に流し込んだような、透明なエメラルドグリーン。(他の4川を調べたがわからない。(ーー;)

ここにかかるつり橋は、普通のつり橋でなく、階段状になっていて、スリルいっぱい。定員3名限定。でも、大型レジャー施設などでは、よく人命にもかかわる大きな事故を聞くが、こういう自然の中の施設での事故は耳にしたことがないのは、やはり、危険が目に見えるからこそ、しっかり作られているのだろう。

2005/06/07

鈴蘭高原


旧大野郡朝日村(現高山市)の鈴蘭高原。きれいな白樺林を見つけた。白い幹に新緑がまぶしい。あこがれの光景。。秋神白樺自生地まで行くと、きれいな白樺林の遊歩道もあるようだ。知らずに、戻ってきてしまったのは残念。もう少し下調べをしていくべきだった。                                                                                                                              すずらんも自生していて、岐阜県の天然記念物にもなっているとのことだが、yourou-145それも見つけられなかった。が、代わりに、鈴蘭高原スキー場のゲレンデにすずらん畑があり、愛らしい姿を見ることが出来た。

下の写真は、鈴蘭高原スキー場の駐車場から見た、北アルプス連山。見難い画像だが、先がとがってみえるのが、槍ヶ岳。手前に見えるのが安房峠。あとは、説明の看板を控えてくるのを忘れてしまった。いつもの失敗。yourou-154

宇津江四十八滝「クリンソウ」

yourou-085

高山市と合併した国府町宇津江に市営四十八滝山野草公園がある。

ここで、クリンソウの大群落が見られる。まだ、6分程度の咲き具合ということだったが、傾斜地一面に広がった大群落はもう見ごたえ十分。白樺やホオノキなどに囲まれた林の傾斜面に、濃い赤から、薄いピンク、白に近いものまで、色とりどりに咲いていた。所々、東屋がしつらえてあって、腰を落ち着けて、鑑賞することが出来る。私たちも、そこで持参のお弁当を広げた。

ここは、駐車料金も入場料も無料。かえって、恐縮してしまう。これだけの山野草園を維持するのは大変だろう。
今月の末には、笹ゆりが咲き出す。クリンソウは花期が長いので、両方楽しめるそうだ。

このクリンソウの群落は飛騨市古川町に住まれる方が、古川町内の山地で増やしてみえたクリンソウを、同所に約7万株移植したのが始まりで、ここがオープンした平成14年以降、こまめに株分けして、大きな群落が形成された。(平成17年6月1日岐阜新聞より) 


2005/06/06

下呂温泉「水明館」

土曜日から、日曜にかけて、一泊二日で、飛騨路、東濃、南木曽と550キロをドライブ。

合併して高山市となった国府町にある宇津江四十八滝。飛騨古川町。鈴蘭高原。翌日は、中津川市と合併した付知町にある、付知峡。そして、長野県まで足を伸ばして、馬籠を歩いてきた。

そして、宿泊は下呂温泉水明館。さすが、東海地方随一の老舗旅館。施設はもちろん、従業員のもてなしも行き届いていた。今回一番気に入ったのは、何より、食事の内容。
和食、洋食と中華を取り混ぜたコース料理なのだが、どれも、味、鮮度ともにとてもよかった。調和のとれた中庭の設えを見ながら、美味しくいただいた。

揚げ物は山菜のてんぷら。肉料理は飛騨牛ロースのしゃぶしゃぶ。魚料理の刺身は鮪と、あと、ひとつ、幾種類かの中から、好みのものを選ぶ。それと、もう一品はフレンチ。
そうだ、献立を書いたものをいただいてこなかった。

ひとつ残念なのが、幼児を連れた家族連れと同じになったこと。食事の開始と同時に、ずーと甲高い奇声に悩まされた。幼児は泣き喚くのは当たり前のことなのだが。それだけに、旅館の方も部屋を別にするとか、考えて欲しかった。



2005/06/03

セージ

se-jiいつのまにか、吹く風が湿気をたっぷり含んだ風になり、梅雨の近いことを感じさせます。
今年ももう半年が過ぎて、セージが咲く季節になったのですね。

一年があっという間に過ぎていく。まるで、なにかに追い立てられているような。。。

2005/06/02

「源氏物語が面白いほど分かる本」 筆者出口汪氏

徳川美術館に「初音の調度」を見に行きながら、初音の意味が分からなかった。源氏物語の23帖に「初音」があることを知って、この本を取り出してきた。

日本人である以上、この歴史的大文学を読んでおきたいと思った、若い頃。「新潮日本古典集成」のうち、源氏物語の第一巻「桐壺・帚木・空蝉・夕顔・若紫・末摘花」だけ読んだ。すぐ挫折。

数年前に、一番読みやすい「田辺源氏」を文庫本で買ってきた。しかしほとんど読まないまま、本棚に。。。

書店をぶらついてるときに、この本を見つけた。筆者は、予備校の講師をして見える。

内容は、源氏物語の超ダイジェスト版であり、そして、解説本。これを一通り読めば、源氏物語の全容が分かり、
丁寧な講義を聴いて、内容を理解できるという、一石二鳥の効果。(^_^;)

男女二人の生徒に講義するという形をとって、しかも、楽しいイラストが随所にあるので、読みやすい。

花フェスタ記念公園のバラ

yourou_011yourou_013

先々週と先週と2回続けて花フェスタ会場に出かけたものの、気が付いたら、ほとんどバラ園の印象が残ってない。本当は、このシーズンを「花フェスタ2005ぎふ」が始まってからずーと楽しみにしていたのに。。。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »