2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2016/12/04

非常識、ここに極まる「ユーキャン新語・流行語大賞」

http://hosyusokuhou.jp/archives/48778712.html 「新語・流行語大賞」に「保育園落ちた日本死ね」がトップ10に選ばれ、民進党の山尾志桜里議員が満面の笑みでこれを受賞したことにユーキャンが炎上しています

「新語・流行語大賞」は「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」が正式名称である通り、通信講座で知られるユーキャンの名前が冠されているため、今回「日本死ね」が流行語大賞の一つに選ばれたことに対する批判が同社にも殺到しています。

ユーキャンのTwitterアカウントには多くの非難が寄せられており、「日本死ね」に流行語としてお墨付きを与えた選考委員と共に厳しいコメントが相次いでいます。

「ユーキャンの新語流行語大賞おかしいだろ」「日本死ねとか最低ですけど反日企業ですか?」「社会に及ぼす影響を考えたんですか?」「ノミネートだけでも酷いのにトップ10に選ぶとは」「日本死ねとか選んだことを謝罪すべき」

「お前ら、コトの重大さわかってるのか?」「日本人の心を深く傷つけたのわからないのか?」「三流企業さっさと潰れろよ」「日本人を貶める暴言。看過できない、見解を説明しろ」「命を愚弄する言葉。正気なんですか?きちんと答えて下さい」

「貴社に学問を扱う資格はありません」「さよならユーキャン、日本人を舐めるなよ「ユーキャンは売国企業なんですか?」

またユーキャンのWikipediaページは何者かによって12月2日19時現在、このように書き換えられており、怒りの激しさを窺わせています。

毎年この時期になると、流行語大賞なるものをユーキャンと言う会社が発表しています。近年、テレビでも面白おかしく取りあげているので、ご覧になられた方も多いと思います。

今年の大賞は「神ってる」?
こんな言葉、きいたことないし、第一日本語として、意味が通じないですよね。

「神がかる」という言葉が言いたかったのでしょうか。「〇〇さんの技は、神がかってる!!」
こういう風に使います。

なにか、近年、日本語がどんどんおかしくなって来ていると心配になります。

そして、今回の流行語大賞にノミネートされた10の言葉のうち、一番、ネット上で糾弾されているのが、あの民進党のガソリーヌ山尾こと、山尾志桜里が、国会で待機児童問題を質問したときに、取り上げたブログのことば「保育園落ちた。日本死ね!」から抜きだした「日本死ね!」です。


http://hosyusokuhou.jp/archives/48778804.html
NHKの街頭アンケでは日本死ねは1票も入りませんでした 。

当然ですよね。日本人が「日本死ね!」などいうでしょうか。

こんな言葉を選んで表彰させたメンバーは、以下の者たち。


O0611048213812404839


http://hosyusokuhou.jp/archives/48778777.html
【画像】「日本死ねのユーキャンで資格の勉強をはじめた。」企業イメージ広告がネット民によって作られる。

日本人を侮辱されたと憤った人達が、早速作ったコラ画像。
少なくとも、ユーキャンは自社のイメージのために、流行語大賞を発表しているはず。それが、こんなにイメージを損ねることばかりしていて、それで企業として生き残れるのでしょうか。

Twitter上の情報では、今後、ユーキャンの折り込み広告を入れないで欲しいという声が、一般家庭や事業所から来ているそうです。

2016/12/03

目から鱗「炊飯器の底」

おいしいごはんが食べたいなら「炊飯器の底」を掃除しましょうhttps://comorie.nifty.com/2756.htm

11月22日の今日はいい夫婦の日の記事で、comorie[コモリエ]のことを紹介しましたが、そこに面白い記事が載ってました。

炊飯器をひっくり返すと、そこに窓があって、埃がいっぱいついているとのことでした。保温をすると、一定の温度に保つため熱源がずーと付いていて、そのためモーターが動いているので、埃を吸い続けているわけですね。(^^;)

実は保温機能を使っている間はずっとモーターが回っていて、機械内部に空気が循環している状態なのです。テレビやパソコン、扇風機など、家電製品には気づけばホコリが溜まっていますが、炊飯器もしかり。やはり機械なんですね。

保温機能を使用していないお宅と比べると、そのホコリの量は一目瞭然。そんなモサモサのホコリと遭遇したら、濡れ雑巾でやさしく取り除いてくださいね。

我が家は、ここ何年も保温は使っていない。食べるときだけ、電子レンジで温めるか、蒸すかすればいいですからね。保温は、結構、電気を使うそです。Cooking_mushiki


それでも、念のためと思って、おそらく、炊飯器を購入して初めて、その底を見たと思います。


なんと!!この記事のように、やっぱり、埃がそれなりに付いていました。(^^;)
慌てて、お掃除しましたが、皆様の家庭でも、いちど、そこ、そこですよ!!覗いてみてください。(笑)


2016/12/02

湖東三山「百済寺」 紅葉アラカルト(一眼レフ)

Imgp6840


Imgp6841


Imgp6842


Imgp6844


Imgp6845


Imgp6846


Imgp6848


Imgp6849


Imgp6850


Imgp6860


Imgp6861


昨日までの「百済寺」の画像は、コンデジで撮ったもの。今日のは、一眼レフの300ミリ望遠で写したものです。

2016/12/01

湖東三山「百済寺」 仁王門までの参道と鐘楼

Img_7829


Img_7830


Img_7831


仁王門までの参道です。

長い参道の本堂近くに立つ仁王門は、本堂と同じ年代に建立されました。 三間二間で一対の金剛力士像が向きあっております。 その正面につり下げられた一対の大草鞋に触れると、身体健康・無病長寿のご利益があると昔から言い伝えられております。 最近では、「百寺巡礼」で有名な五木寛之氏が第35番目の百済寺参拝時に、この大草鞋に触れて、百済寺満願を達成されてから大変な脚光を浴び始めております。

このわらじは、門の両脇に立ってお寺を守る、仁王さんのわらじ。
勇猛、剛健、健脚の仁王さんですが、夜は仁王門の脇にわらじを置いて、立ちながら休まれるそうです。

元々は仁王像の大きさに応じて50cmほどだったそうです。

江戸時代中期頃から、仁王門を通る参拝客が、健脚・長寿の「願」を掛けるようになり、「わらじが大きいほどご利益も大きい」ということでどんどん大きくなって、今では3mほどになっているのだそうです。

わらじには、今でもお賽銭が挿っています。
寺社巡りドットコムhttp://www.jisyameguri.com/
三のサイト、自然豊かな湖東の古刹、百済寺からの引用です。


Imgp6863

朝遅くに出かけてきたので、あまりゆっくりできなくて、仁王門の仁王様も見ないまま帰ってきました。(^^;)

この後、本堂にお参りしたら、汗がびっしょり。結構歩くのです。でも、本堂の係りの方は、「ここは、室温三度なんですよ。」とおっしゃってました。今頃は、もっと冷えているかも。

Img_7834

鐘楼があり、自由に突いていいと言うことなので、私も、一回、ご~~~ん。

その音色の美しさから、「昭和の名鐘」とも言われています。
とても澄んだ音色でありました。

自由に突いていいなんて、嬉しいですね。


2016/11/30

湖東三山「百済寺」 山城でもあった

Img_7822_2

Img_7823_2

Img_7825_2


Img_7826


Img_7827


琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西山腹に位置する。

寺伝によれば、推古天皇14年(606年)、聖徳太子の建立という。

聖徳太子は当時来朝していた高麗(高句麗)の僧・恵慈とともにこの地に至った時、山中に不思議な光を見た。その光の元を訪ねて行くと、それは霊木の杉であった。太子はその杉を、根が付いた立ち木のまま刻んで十一面観音の像を作り、像を囲むように堂を建てた。

これが百済寺の始まりであるといい、百済の龍雲寺にならって寺を建てたので百済寺と号したという。百済寺の史料上の初見は11世紀の寛治3年(1089年)であり、聖徳太子創建との伝承がどこまで史実を反映したものかは不明であるが、百済寺という寺号から見て、この寺は渡来系氏族の氏寺として開創された可能性が高い。

平安時代には、近江国の多くの寺院と同様、比叡山延暦寺の勢力下に入り、天台宗の寺院となっている。

平安時代から中世にかけて、かなりの規模をもった寺院だったようだが、明応7年(1498年)の火災で全焼し、その数年後の文亀3年(1503年)の兵火でも焼け、この2回の火災で創建以来の建物ばかりでなく、仏像、寺宝、記録類なども大方焼けてしまった。

さらに天正元年(1573年)には織田信長の焼き討ちに遭い、またも全焼している。当時、この地に勢力をもっていた佐々木氏の一族六角氏は、観音寺城の支城である鯰江城(なまずえじょう)を百済寺の近くに築いていた。信長は自分と敵対していた佐々木氏に味方するものとして、百済寺を焼き討ちした。本堂をはじめ現在の建物は近世以降の再興である。

wikipediaより

                                                  


「近江最古級の古刹、1400年の法灯」百済寺のパンフレットに書いてあります。聖徳太子の建立ということで、相当な歴史のある名刹と言えます。

残念ながら、創建当時の建物や仏像など、多くが焼失してしまっていますが、この画像のあたりには、その当時の跡が残っています。

また、石造の弥勒菩薩半跏像が残っていました。これは、外に立っているので、傷みも来ていますが、広隆寺や中宮寺の弥勒菩薩半跏像と同じようなものでした。写真は、仏様を撮るのは失礼かと思って、撮ってません。


5枚目の画像に最後の山城とあります。ところどころに石垣が残っています。滋賀県は、東西の中間点であり、京の都に上る重要な要の地に位置していたので、お寺であるけれど、お城としての役割を持たすにもいい場所であったわけですね。


2016/11/29

湖東三山「百済寺」  天下遠望の名園

Img_7807


Img_7808


Img_7809


Img_7811


Img_7813

Img_7818

釈迦山「百済寺」の庭園。庭園本坊 (ていえんほんぼう)が建つ池を回ると、本堂に登る参道へと道が連なります。

途中、琵琶湖まで見渡せる場所があります。


Img_7814


Img_7816

2016/11/28

湖東三山「百済寺」

湖東三山「百済寺」http://www.hyakusaiji.jp/

01map記事が遅れていますが、11月17日に訪れた百済寺をご紹介します。

お昼前に着いたのですが、駐車場は、ちょうど一台分滑り込みで空いてました。

この境内の案内を見ると、山門は、駐車場よりずーと下にありました。しかも、私は、表参道の途中の表門のところまで車で行ったので、良かったのか、悪かったのか。。。(^^;)
表門のところの駐車場は、バス駐車場に書いてありますが、一般車両の駐車場もあります。料金無料が嬉しい。

参道の半分の距離を車で登ったので、一番上の本堂のところまで、行きつけたから、よしとしなくちゃ。我が家からは、一時間半の距離なので、また、春の桜の季節にでも、今度は運転手付きで行ってきます。(笑)


Img_7792

これは表門のところです。こちらで入山料を納めます。

Img_7793

二枚目は、庭園の入り口。モミジがあちこち綺麗です。


この後の画像は、庭園。

Img_7794


Img_7795


Img_7796


Img_7797


Img_7799


Img_7800


Img_7801


Img_7803


Img_7804


Img_7805


Img_7806


紅葉が、ちょうど見ごろを迎えていて、豪華な庭園と相まって、素晴らしい秋の一コマを見せてくれてました。


Img_7798

庭園本坊の喜見院の縁に、百済寺の美を絶賛した人々の名前が掲げてありました。藤原定家の名もあるのが、すごいですね。ただ、このお寺自体は、信長によって、一度壊された悲しい歴史があるのです。

それは、次の記事に紹介します。

2016/11/27

唱歌 「日の丸の旗」

この歌を懐かしい!!と思いだされる方は、私と同年代でしょうか。(*^^)v

最近は、唱歌や童謡などトンと聞かないので、たまには、youtubeで聞いてみるのも心安らぐ時間を過ごせるかもしれません。

さて、最近、なんかおかしいと思われませんか?

オリンピックやその他の国際大会で、日本の選手が表彰台に上がっても、国歌の斉唱とこの日の丸があげられるところを映されなくなりました。

そして、極端な話、こんなことがあったのです。

『ロシアが2011フィギュア世界選手権で東日本大震災で苦しむ日本にエールを送る! 日の丸を囲み世界が黙祷』
ところがこれをフジテレビが全てカット! 代わりにキムヨナ特集!を放送していたのです。

このことは、インターネット視聴を主にしている人はほとんどの人が知っていますが、ネットをやっていない人は、全くご存知ないでしょう。

2011フィギュア大会は、当初日本で行われる予定があの忌まわしい東日本大震災のために、ロシアでの開催となりました。

それで、ロシアがこのセレモニーをしてくれたのです。ところが、放映権を握るフジテレビは、全てカットして、よりにもよって、日本人は誰も見たくないあのキムヨナ特集を流していたのです。それを、他のマスコミも咎めもしない。

B6e45722

2011年フィギュア世界選手権開会式での黙祷https://matome.naver.jp/odai/2139383531747463601

日本で開催される予定だった2011年フィギュア世界選手権が急きょロシアで開催されることになった。その開会式では震災を受けた東日本に対して黙祷を捧げるシーンがあったのが放映されなかった

情報を洗ってみて腑に落ちないのは、すでにメディアには掲載期間が過ぎたのか記事がどこも削除されているということ。この時期に降って湧いたように掘り起こされていること。嫌韓と絡めて流されていること。それらがこの情報を辿ってみて気付いたことです。

この事件について、纏められたブログです。


私の子供の頃は、祝日になれば、どこの家庭でも日の丸を掲げてお祝いしたものです。ところが、いまは国立大学でも、日の丸は掲げない、君が代は歌わない。そんな風になってきています。

日の丸は美しいですよね。他のどこの国の国旗に比べても、調和が取れて美しい。

今日も、女子駅伝が行われていて、オリンピック出場を目指す選手のことを「日の丸を背負って。。。」と放送しながら、テレビ局は日の丸を映そうとしない。【正体見たり枯れ尾花】

2016/11/26

道の駅「賤母」東山魁夷心の旅路館

Photo


道の駅「賤母」http://sizumo.jp/

昼神温泉の帰り道、11月2日に寄った道の駅「賤母」。

ここには、東山魁夷心の旅路館が併設され、東山魁夷画伯の版画が鑑賞できます。

あいにく、私たちが寄った日は、休館日でした。(ノ_-。)

道路の反対側に渡ると、木曽川に注ぐ小さな滝が見えました。今頃は、紅葉しているかな。

Img_7704


2016/11/25

夏のお花がまだ生き生き

Img_7838

広く作った花壇も、20年になってくると、とても維持が大変で、年々縮小することになってきています。(^^;)

でも、カーポートの横のアプローチ部分は、季節ごとに華やかにしておきたいのですが、まだ、こんな風にペンタスが頑張ってます。(^^;)

それでも、植えっぱなしの球根たちは、どんどん芽を出してきているし。。。

夏のお花のペンタスとパンジーを一緒に植えるわけにもいかないので、こちらは、もう少し先にすることにして、中央の花壇に植えるのとハンギング用にパンジーとビオラを買ってきました。

春のお花だったはずのパンジーやビオラ、年を越すと、もう、花の苗屋さんの店頭から、姿が消えてしまうこともあります。気に入ったのは、早く確保してこないとだめなんです。

Img_7839


ピンクと赤のミニバラが見えます。
ミニバラくらいは育てられるかと、何度も挑戦するのですが、普通のバラより難しい。(*´Д`)

それでもへこたれず、買ってきてしまった。

2016/11/24

信楽「陶芸の森」 おみやげ

Img_7850

信楽「陶芸の森」で買ってきました。

何だと思いますか?

加湿器なのです、これ。

下のお皿に水を入れておくとピンクの鉢状のものがお水を吸い上げて、それを蒸散させる仕組みです。電気の加湿器だと、常に掃除して綺麗にしておかないと、カビをまき散らすみたいで逆効果ですよね。

水って、すぐ、腐りますからね。これも、「時々は、漂白剤で洗ってください。」と言われました。

寝室においていますが、なんとなく、乾燥が少ないような気がします。気のせいでしょうか。(笑)
でも、インテリアにもなりますよね。(◎´∀`)ノ


2016/11/23

信楽「陶芸の森」 オブジェも楽しい

Img_7770


Img_7771


Img_7773

Img_7777


Img_7775_3


Img_7778


Img_7779


Img_7780


Img_7781


Img_7784


信楽「陶芸の森」、散策するといろんなところにオブジェがあります。前に訪れた時より、増えてました。この「陶芸の森」以外の窯元さんのところでは、陶芸体験の看板が出ていたので、今度は、一度体験が出来たらなと思いました。

2016/11/22

今日はいい夫婦の日

Fufu_roujin_2

今日11月22日は、語呂合わせで、いい夫婦の日だそうです。

みなさま、いい夫婦していらっしゃいますか。(^^♪
我が家は、決していい夫婦じゃないなぁ。一日、一回は喧嘩。( ̄ー ̄)ニヤリ
まあ、それでも、お互いいい面は認めあって、長年暮らしてきました。

ニフティの新サービスで、「comorie」と言うのが始まってまして、ここの昨日アップされた記事が、『今日の「いい夫婦の日」をどう楽しむか。』というものでした。
https://comorie.nifty.com/2745.htm


我が家は、ワインは飲まないけど、夕ご飯を外食して、いい夫婦の日を楽しんできますか。


「comorie」は、多忙な毎日を送る中でも家で過ごす時間を大切にしたいと考える女性のためのライフスタイルメディアです。取り入れやすいインテリアコーディネートのヒントや旬の雑貨、家族で楽しむお手軽なレシピなど、居心地の良い住空間を創り上げるための“素敵だけど頑張りすぎないアイデア”を、豊富な画像と読みやすい分量のオリジナル記事としてお届けします。

こう言うサイトって、いくつかあるのですが、結構参考になる記事もあって、読んでいて楽しいし、参考になりますよね。


ところで、11月20日の記事で、蓮舫氏のプライベートを特集していたテレビの件について記事を投稿しました。
蓮舫さん、テレビに家族を晒すのなら、その前に国民の前で疑惑を晴らしてください。http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/11/post-7c85.html

子供のプライバシーは守ると、頑なに二重国籍について釈明しない姿勢をとっていた蓮舫氏。ところが、奈落の底に落ちたイメージを、少しでもテレビに家族を出すことで回復を狙ったのか、双子の子供を顔まではっきりと出していたようです。

私は、テレビを見ていなかったので、蓮舫ヨイショ番組かと思いましたが、そうでもなかったようですね。番組は、TBSですから、民進党ヨイショ、どっこいしょの方向に持って行きたかったようですが、テレビの視聴者からは、もう反発を食らったようです。

J-CASTニュースに記事が出ていました。

蓮舫代表の夫の扱いに批判殺到 「ペット以下の存在」「そのうち居なくなる」https://news.nifty.com/article/domestic/society/12144-284021/

二重国籍問題がくすぶり続けている民進党の蓮舫代表(48)。そのイメージアップを狙ったのか、テレビカメラを東京目黒区にある豪邸に初めて入れ、子供や母親、夫といった家族全員を紹介したところ、内容があまりにも酷すぎるとして激しい批判が起きた。

こうした番組の場合は普通、夫婦円満や家族仲の良さを強調するものだが、蓮舫氏は終始、夫で早稲田大学で非常勤講師をしている村田信之さん(50)を「ペット以下の存在」「そのうち居なくなる」などとディスり続けた。そのため、家庭内虐待が行われているのではないか、などといった噂まで立つことになった。

次に行ったのは長女(19)の部屋。蓮舫氏と村田氏には双子の男女の子供がいて、2人とも海外留学をしているが、たまたま長女が2日前に帰省したのだという。その長女は、「家の中の序列はどうなっているのか」という質問に対し、蓮舫氏がズバ抜けて上で、その下に自分達子供が来て、次はペットで、父親の地位はずっと下だと手を下げて見せた。その時に代表は娘の手を取りさらに下に下げた。

さらに、誕生日毎に家族写真を撮っている写真で、夫の髪の毛が年々薄くなっていることについても、蓮舫氏は、

「そのうちフェイドアウトするんじゃないですかね。居なくなる」
などと語った。

「夫をヒト扱いしない人が国民をヒト扱いするのか?」 夫の村田さんは、番組の中で家族と一緒には出演せず、単独インタビューで登場。「自分は植物以下の存在」と語った。

「植物は光合成をするじゃないですか。自立しています。水さえあれば生きていけるけど、私は水だけでは生きていけない」
とし、家の中では家族の邪魔にならないように生きていて、すれ違う時にはスッと体を交わしているのだという。

これが放送されると、ネット上では蓮舫代表の夫の扱いが酷すぎる、と大騒ぎになり、

「家庭内虐待が行われている?」
「DV(ドメスティックバイオレンス)だ」
などの指摘が広まり、さらに民進党代表の発言だけに

「こいつが男女平等を口にしたら腹かかえて笑う」
「夫をヒト扱いしない人が果たして国民をヒト扱いするのだろうか」
などといった批判が掲示板に殺到することになってしまった。

蓮舫氏のツイッターにも、

「国民の支持を得るのなら、ご家族ではなく戸籍を公開された方が有効かと存じます」
といった非難が相次いでいるが、21日17時現在、蓮舫氏は反応していない。

うわぁ~~~!!
こんなテレビ見なくてよかった。Σ( ̄ロ ̄lll)

子供たちも、19歳になっているのに、この母親を諌めもしないのですね。そりゃ、父親は大学の非常勤講師、母親は国会議員ですから、収入格差はすごいですね。ちゃんと、自分たちが誰に養われているかを見ているのでしょね。でも、家族って、そんなものじゃないですよね。

こんな人に、票を入れた人の顔が見たい。(*´Д`)


2016/11/21

ふるさと沖縄を守るために立ちあがった「若きジャンヌダルク」我那覇真子さん

沖縄防衛局資料が拡散されて大炎上http://mona-news.com/archives/67398861.html

ふるさと沖縄を守るために立ちあがった「若きジャンヌダルク」我那覇真子さんのfacebookから。

流石、琉球新報!!
黒を白と書くのが得意です。
侵入防止フェンスの有刺鉄線を切断し、防衛局員の頭部をペンチで殴った人を、
「暴走抑止の“重し”」と書く。
「機動隊員や沖縄防衛局職員に暴力を振るわないよう指示したり、勝手に機動隊員らと衝突しないよう繰り返し呼びかけていた」
こうやって県民を騙そうとしても、もうそんな手には乗りません♪

資料は沖縄防衛局


4c96527b

27e6a258


この画像はほんの一部です。
上のアドレスをクリックしてもらうと、たくさんの証拠画像が出てきます。

以下が我那覇さんが言う、黒を白と書く琉球新報の記事の一部。

沖縄防衛局の人権感覚を疑う。防衛局はヘリパッド建設に抗議する市民の写真を載せ「悪質な違法行為」と断定する説明資料を作成した。しかもその資料が外部の個人のフェイスブックに載り「悪質・違法」と名指す情報が流布されたのである。

二重の人権侵害であり、抗議活動、県民への偏見を助長する意味で機動隊員の「土人発言」と同根だ。防衛局長、防衛相の見解をただしたい。資料は9ページ以上で、米軍提供区域内で抗議する市民の写真を数多く掲載し「違法侵入者」と記載する。「違法かつ悪質な妨害行為」として沖縄平和運動センター山城博治議長の写真を9枚掲載した。

市民と書いていますが、これは活動家。公務執行妨害と暴行傷害で逮捕拘留され、ようやく起訴されました。


行橋市市議会議員の小坪慎也さんのブログを紹介します。

【防衛局・資料】違法かつ悪質な妨害活動の例。新聞の歪んだ記事の紹介https://samurai20.jp/2016/11/okinawa-15/

少し前に大阪府警機動隊員が、この暴力活動家に「土人」を罵ったことが問題にされました。

マスコミはこれを捻じ曲げて、この土人発言が沖縄県民に向けられたような偏向を繰り返し問題を大きく取り上げてましたが、この暴力集団と沖縄県民を同じ位置に置くマスコミの方こそ問題です。

この後、小坪慎也さんたちが呼びかけて、『機動隊(沖縄派遣)を偏向報道から護ろう!』と言うデモが大阪で行われ、大盛会に終わりました。

【祝辞2】機動隊(沖縄派遣)を偏向報道から護ろう!保守論客からの祝辞(全文)https://samurai20.jp/2016/11/riot-policeman-9/

祝辞】機動隊(沖縄派遣)を偏向報道から護ろう!沖縄県の県議、大阪の国会議員、著名人からの祝辞(全文)https://samurai20.jp/2016/11/riot-policeman-8/

2016/11/20

蓮舫さん、テレビに家族を晒すのなら、その前に国民の前で疑惑を晴らしてください。

私は見ていないのですが、TBS系金スマが民進党蓮舫代表のプライベートを大特集していたことで、Twitterをはじめ、ネットの各種サイトでは、大批判を浴びています。

ちなみに蓮舫の自宅は民主党政権時に、事務所費問題の物件として注目されてたのに 今ごろになって、TBSは「豪邸初公開!」と特集組んで放送してる。

蓮舫大臣が自宅を実体のない政党支部事務所として届け出て、税金の政党交付金から毎年約50万円程度を「家賃費」として収入を得ていたことが発覚。

しかもその自宅は母親のファミリー企業が所有していると判明するが 、蓮舫は取材に対して詳しい回答をせず不透明のまま有耶無耶になって今に至る。

60b2e889

この問題も、うやむやのまま、ほっかぶりしています。批判するときは、襟を立て、首に筋を立て、がなりたてていますが、自分のことは、こうもしらを切れるとは、驚きます。

そして、問題は、いまだ、二重国籍問題は解決されていないということです。もちろん、いままで、説明が二転三転して、嘘に嘘を重ねてきたと言うことは、過去の報道インタビューから明らかですが。。。

自民党の小野田議員が二重国籍が解消されていなくて、「日本国籍を選択宣言をした」という項目だけの部分の戸籍を公開して、謝罪されました。

だから、蓮舫氏にも、この「日本国籍を選択」の部分だけ、戸籍の公開をすれば、それで二重国籍の疑惑は解明されると求められているにも拘らず、

戸籍は息子に影響があるので見せられない

と突っぱねてます。
ところが、息子の顔や娘の顔は晒して平気なのですね。(^^;)

別に、戸籍のすべてを公開しなくても、小野田議員のように必要部分だけを公開すればいいことなのです。それができないということが、彼女の嘘を明確に語っているように思います。

二重国籍問題だけでなく、もっと、重大な疑惑が囁かれています。

蓮舫が台湾総統選挙のたびに帰国している事実が判明!蓮舫に台湾での参政権行使の疑い?http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12214988937.html

そもそも、年末又は年明けに総選挙?と噂の時に、TBSは蓮舫代表のプロモーションをするとは、偏向にもほどがあります。

2016/11/19

信楽「陶芸の森」  目の前に広がる紅葉と可愛いタヌキに癒されます

信楽の陶芸の森。盆地でありながら、ここ陶芸の森は高台になるので、見晴らしがいいです。素晴らしい紅葉でした。先日の名古屋ローカルの天気コーナーのクイズで、滋賀県の木はもみじだとか。確かに、どこに行っても素晴らしいもみじの紅葉がみられました。

楓(かえで)と紅葉(もみじ)は植物分類上は 区別されないが、楓のなかで特に紅葉の美しい種類を 「モミジ」と呼ぶ説がある

と言うことです。(^^♪

http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/11/post-da34.html
この11月16日にアップした特にきれいな色のもみじは、このように強く赤が発色する種類だそうです。


Img_7758


Img_7761


Img_7763


Img_7764


Img_7766


Img_7767


Img_7768


Img_7769


タヌキさんが、相変わらずお酒をぐいぐい飲んでました。可愛いですね。

2016/11/18

定勝寺

さて、昼神温泉旅行の続きです。(^^;)


Imgp6664


Imgp6659


Imgp6657


Imgp6655


Imgp6656

須原宿にある国指定の重要文化財の定勝寺(じょうしょうじ)。木曽路の中でも最古刹です。木曽町の興禅寺、長福寺とともに木曽三大寺のひとつ。


臨済宗妙心寺派のお寺で、夫の家のお寺と同じ宗派なので、寄ってみました。鶴亀蓬莱庭園。なかなか立派なお庭がありました。

紅葉もきれいなのですが、ここも訪れた時は、少し早かった。


嘉慶年間(1387年~1388年)に木曾氏により創建されたとされる。度重なる木曽川の氾濫により倒壊されるが、その都度再建・再興された。
現在の建築物は1598年石川光吉が木曾義在居館跡に建立したもので(『吉蘇志略』)、秋籬離島の『木曽路名所図会』にも堂宇の全景が描写されている。1952年(昭和27年)には山門、本堂、庫裏が国の重要文化財に指定された。

山門、本堂、庫裏は、国の重要文化財に指定されているだけあって、とても、歴史を感じさせるりっぱなものでした。
その他、東洋一の木曽ヒノキダルマ座像が安置されているそうですが、拝観するのに、受付の方がいらっしゃらなくて、庭を覗きみしただけです。(^^;)

この宗派の開祖が達磨大師なのです。

2016/11/17

山を越えて  八風街道を行く

一昨日の高速道路ドライブに続いて、昨日は、 ワインディングロードを走ってきました。
と言っても、それほどのカーブでもないですが。。。(^^;)

道の駅「滋賀県 奥永源寺渓流の里」http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2016/06/post-40af.html
こちらのブログ記事で紹介した石榑峠道路(八風街道)です。

Img_7789


みえるのは、三重県と滋賀県の県境に広がる鈴鹿山脈。竜ヶ岳と釈迦ヶ岳の間の少し低めのところを道が走ってます。

Miti

トンネルを抜けて、道の駅「滋賀県 奥永源寺渓流の里」までは、片側一車線のセンターラインのある広い道なのですが、その後永源寺ダムのあたりからしばらくは、少し狭いのです。乗用車同士だとすれ違いに問題ないのですが、トラックが結構多いので、緊張します。それに、狭い道の真ん中を走ってくる不心得者の対向車!!(#`Д´)

目的地の百済寺の紅葉を堪能して、少し遅めの昼食は、台湾ラーメンのお店でいただきました。


Img_7835

この看板のメニューでなく、餃子定食をいただきました。ホントは餃子だけでよかったんだけど、ラーメンもついてくる。(*´Д`)
でも、このラーメンが美味しかった。所謂こってりの台湾ラーメンでなく、塩ラーメン。さっぱりして、ラーメンだけにすればよかった。餃子もおいしかったのですけど、ご飯とサラダまである。880円ですけどね。(^^;)

さて、帰りは、あの道走りたくない。道はいいのですけど、トンネルが全長4158mあるのです。高速道路のトンネルは明るいし、中央分離帯があり、ほぼまっすぐで走りやすい。

でも、一般道のトンネルは、暗いし、中分離帯ないし、カーブしてるし。。。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
そして、この石榑トンネル、滋賀県側から三重県側に結構下っているのです。だから、自然にスピードが出てしまう。

カーナビを設定すると、このまま南に下り、新名神に乗るように案内をします。それおお回り過ぎでしょう!!。本当は、名神に乗って帰ろうと思ったのだけど、それもまた、北にかなり上るおお回り。

しかたないので、また同じ道を帰りました。

この日見てきた百済寺の紅葉は、次の機会に。

以下は、石榑トンネルを滋賀県側に出たところと奥永源寺のあたりの紅葉です。

Img_7790


Img_7791


Imgp6835


Imgp6837


2016/11/16

真っ赤な紅葉に包まれて 「陶芸の森」信楽

昨日は、久しぶりに、一人で高速道路を爆走してきました。安全運転で。。。(≧m≦)

夫が、完全無職になってから、一人で高速道路を走るということが無くなってしまったのですよね。孫の顔を見に行くときに新東名は交代で運転しますが、新東名は、走行する車が少なく、しかも、トラックが少ないので、緊張感もなく、面白みと言うか、運転の醍醐味は味わえない。

ただ、最近の高速道路は、気を付けていないと、とんでもない輩がいます。

前を走る車の動きがオカシイ。三車線の真ん中を走りながら、流れに乗らず、速度が遅い。ふらーと左の白線まで寄っていき、そこで戻るのですが、また、白線に寄っていく。

横を追いこしざまにちらっとみると、ハンドルの下に目をやってます。または、助手席に置いたスマホに盛んに目をやる。以前は、街中を走る車で、女性がよくスマホを弄っているのを見かけましたが、最近は、中年のおじさんにも、あのポケモンGOをやりながら運転しているのが必ずいるのです。とんでもないことでしょう。

今回も、一台いました。( `ー´)ノこう言う輩は、自分が自損事故でどうなってもらっても構わないですが、他人を巻き込むわけだから、許せないですね。徹底的な取り締まりをして、見つけ次第、免許取り消しの厳罰に処して欲しいと思います。人の命がかかっているわけですものね。

そして、最近、高齢者の運転による悲惨な事故が多発し問題になっています。

考えると、夫も私も高齢者には違いなく、これから、どれだけハンドルを持てるかと考えたら、久しぶりに、一人で走りたくなって、東名阪道から新名神を大津方面を目指して、走りだしました。

目的地は、もっと先でしたが、新名神を走っていると、両方に広がる山並みの紅葉が見事です。

ちょうど、お昼頃になっていたので、あまり遠くに行かず、信楽の「陶芸の森」を訪ねることにしました。ここは、2009年の春に初めて行っていました。

信楽「陶芸の森」http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2009/04/post-5.html

この時に比べると、オブジェも増えて、興味津々。(^^♪

でも、まずは、この美しい紅葉をご覧ください。春の時は、桜も咲いていない時期でしたが、昨日は、この赤に目を奪われました。

Img_7782


Img_7783


Img_7785


Img_7786


Img_7787


カメラは、コンパクトデジカメだけしか持たずに出たので、大失敗。こんな綺麗な紅葉なら、一眼レフを持って行くのでした。

2016/11/15

68年ぶりに月が近づく


Topics021s_2

昨夜のスーパームーン、見ることできましたか。当地では、残念ながら、霧雨が降って、厚い雲が広がるあいにくの天候で、残念ながら見ることができませんでした。

でも、確か、昨年も一昨年もスーパームーンで大騒ぎしましたね。月との距離が68年ぶりに近いと言うことで、どんなにでかく見えるのかと思ったら、昨年や一昨年に比べて、差は1%くらいだそうです。(^^;)


「スーパームーン」ってなに?http://www.nao.ac.jp/faq/a0207.html
「スーパームーン」という言葉は天文学の正式な用語ではなく、定義もはっきりしていません。そのため、「『スーパームーン』とは何か?」「次の『スーパームーン』はいつか?」等の問いには、答えを出すことができません。

地平線に昇ってきた月の方がずーと大きく見えることがありますね。

少し前のテレビの番組だったかで、「月の道」が見えるホテルを紹介していました。ちょっと、遠くて、宮崎県にあるホテル。「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」です。http://www.seagaia.co.jp/special/moonroad/

こんな風に海に月の光が浮かぶところは、探せば他にもあるかもしれませんね。宮崎県まではなかなか行けないので、近くで見ることができるところを探してみようかな。

2016/11/14

エメラルドグリーンが美しい「阿寺渓谷」

Photo昼神温泉旅行の続きです。
妻籠馬篭は、外国人観光客が多いようで、落ち着かないので、そのまま通り過ぎて、木曽川支流の阿寺渓谷へと行きました。

渓谷への入り口に、駐車場があり、清潔なトイレも設えてありました。11月初めだったので、紅葉は少し早かったけれど、川の流れは、美しい。昨年行った御手洗渓谷と同じくらい綺麗でした。

Imgp6624


Imgp6629


Imgp6633


Imgp6641


Imgp6647


Imgp6652


Imgp6644


Imgp6643


入り口で写真を撮っていたら、大型バスがこの細い山道を入って行きました。通れるには違いないけど、私たちは止めました。(^^;)他にも、高齢者の団体が、トレッキングかな、10人以上のグループで歩いていかれました。

紅葉の名所なのですね。

私が訪れた時は、少し早かったのですが、今頃は、川面に美しい紅葉を見ることができるかもしれません。

2016/11/13

問われる証券会社の順法精神

ちょうど、一年前になるのですが、ネットでは、有名になった「ぱよぱよち~~~ん」事件というのがあります。

あまりに乖離するネットニュースと日本のマスコミ「facebook個人情報収集公開事件」http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2015/11/facebook-1233.html

続:インターネットのセキュリティー企業・エフセキュア社員による「いいねを押しただけの人の個人情報さらし」事件http://narumi.cocolog-nifty.com/yasumi/2015/11/httphosyusokuho.html

この個人情報を集めて、曝した犯人は、勤務先は退職(懲戒処分にはならなかった模様)しました。でも、事件としては立件されなかったようです。

本来は、個人情報を職務上の権限を利用して集め、それを曝したわけですから、もっと、厳罰に処せられるものだと思うのですけどね。危なくて、ネットやってられません。

この男は高学歴ですが、転職を重ねて、最終的には外資のエフセキュアという会社で退職となったわけですが、このあと、また、同じような高学歴の男が起こした事件がありました。

新潟新報事件です。こちらは、地方の新聞であっても、一応、新聞社の部長職と言うことで、新聞にも載りました。


新潟日報部長が匿名ツイッターで弁護士中傷、不適切な書き込みは以前から? 「お気の毒な人だ…」と被害弁護士http://www.sankei.com/premium/news/151125/prm1511250011-n1.html

新潟県の地方紙「新潟日報」上越支社の報道部長が匿名でツイッターに、新潟水俣病3次訴訟の原告側弁護団長の高島章弁護士を中傷する書き込みをしていた問題で、不適切な書き込みは約1カ月前から始まっていたことが、高島弁護士への取材で分かった。10月下旬から複数回にわたってツイッターに書き込みがあったという。高島弁護士は今回の問題を振り返り、「匿名の場だと、たがが外れて人間の汚い面が出てしまう。お気の毒な人だ」と話している。

 新潟日報上越支社の報道部長は坂本秀樹氏(53)。高島弁護士や同社によると、坂本部長は今月20日、「壇宿六(闇のキャンディーズ)」とのアカウントで高島弁護士のツイッターに「はよ、弁護士の仕事やめろ」「こんな弁護士が新潟水俣病3次訴訟の主力ってほんとかよ」などと中傷する内容を書き込んだ。23日になって坂本部長の書き込みだったことが判明。坂本部長は24日、同社幹部と高島弁護士の事務所を訪れ、謝罪した。「書き込みした当時、酒を飲んでいた。職場のストレスも原因だった」などと説明したという。

ぱよぱよち~~~んは、闇のあざらし隊で、こっちは闇のキャンデーズ。(*´Д`)

二人とも、『略称C.R.A.C.(クラック)は、「レイシストをしばき隊(レイシストをしばきたい。略称しばき隊)」を起源とする日本の活動団体』の構成員です。

いい年をした、しかもそれなりの勤務先で、それなりの役職に付いている人が、こんなことをしているのですねぇ。


ところが、今度は、日本最大手の証券会社の部長職に付いている人間が、とんでもないことをしていることが分かって来て、ネットでは大騒ぎです。

動かぬ証拠?「ちゃんしま=嶋田眞人」も恫喝に参加中?問われる証券会社の順法精神http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2016/11/blog-post_49.html

https://twitter.com/daiwa_jp/status/795927008588886016

該当と思われる証券会社のTwitterアカウントですが、いまのところ、なにも回答は無いようです。

以下は、なでしこりんさんのブログです。

http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2016/11/blog-post_49.html

http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2016/11/blog-post_9.html

http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2016/11/ww_8.html

何が問題かというと、もちろん、日本の大企業の管理職にあるものが、反社会勢力に属し、一般人を盗撮して曝したり、脅迫したりしていたことも、問題ではあるのですが、その男が証券会社の管理職であったことも大きな問題です。

ある東証第一部上場企業を「上場廃止にまで追い込まないといけないな」とツィートしているのです。
これは、証券会社の社員が、つぶやくことではないですよね。インサイダー取引を、疑われる行為です。

証券取引委員会はきちんと調べているのでしょうか。非常に問題です。

2016/11/12

昼神温泉 「温泉街の風景」

Img_7687


Img_7688


Img_7695


Img_7697


Img_7698


昼神温泉の話題に戻ります。

温泉街の中心部では、365日朝市が開かれています。365日と言うことは、お正月元旦も開かれているのかな。

お正月に、おせちを頂いてから、こうした市を回るのは、楽しいでしょうね。(^^♪
お正月料金で、しかも、予約も取りにくいかも。(^^;)


この阿智村は、花桃の時に訪れていますが、この川べりに桜の並木があって、この桜も綺麗でしょうね。桜と桃。どちらが先だったかな。

2016/11/11

あれ富士山が!!

Img_7707


東名高速道路、東京方面の足柄SAからは、富士山が綺麗に見えたのですが。。。( 一一)

木が伸びすぎてるのですね。手入れをして、少し伐採してくれるといいのですけどね。このままでいくと、今に見えなくなってしまう。

ここのレストランは「富士山が見えるレストラン」として、うってるんだけど。(^^;)

画像の前に写っているのは、グランピング施設です。

EXPASA足柄(上り線)にグランピング施設が誕生!http://sapa.c-nexco.co.jp/special?id=846

2016/11/10

偏向誘導は日本のマスコミのお家芸だけではなく、アメリカのマスコミも似たり寄ったり

http://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12217837869.html
戦後体制の超克

私が最近見ているブログです。保守系ブログは、たくさんあって、回るのが大変。(^^;)
そして、Twitterとfacebook、youtube。

でも、それらを流し読みしていると、如何に、日本のマスコミが嘘を垂れ流し、偏向して世論を誘導しているかがわかります。

【マスゴミ】日経新聞が英紙を捏造し報道「トランプ・プーチン・安倍‥強権指導者の危うさ」←原文は安倍じゃなく習と即バレwwwhttp://seikeidouga.blog.jp/archives/1062313546.html

これは、日経新聞の電子版が英紙のFTを翻訳して流したもの。それが、ねつ造記事だったと即、読者から指摘があり、Twitterで流されました。


https://twitter.com/nikkei/status/795535766034124800

こちらは、Twitterのやり取りです。


Twitter1_2


Twitter2_2


こんな風に外国の新聞を翻訳して、捏造しても、いまは、多くの人がみて、鋭く指摘をするわけですから、恥をかくだけなのですけどね。

さて、本題に戻ります。
最初にあげたブログをご覧いただくとわかりますが、マスゴミの事前調査は無意味化したわけですね。

 ニューヨーク・タイムズ紙は10月下旬、民主党のクリントン氏の勝利確率を9割超とはじいていた。連邦捜査局(FBI)がクリントン氏の私用メール問題の捜査再開を公表した後も8割台としていた。

 選挙予測に定評のあるサイト「ファイブ・サーティー・エイト」は、トランプ氏の勝率を最も高く見積もっていたものの、今月5日時点で、クリントン氏の勝率が約65%。トランプ氏の約35%を大きく上回ると予測していた。

 メディアなどは世論調査をもとに勝敗を予測していた。しかし、選挙終盤に注目されたのは、「隠れトランプ票」の存在だった。

朝日新聞WEBの記事ですが、「隠れトランプ票」と言っても、日本のマスコミがする偏向した世論調査と同じようなもの。自分たちの都合のいいところから拾ってきたら、都合のいい結果が出るようになりますよね。

マスゴミの報道は、真実を伝えることにあるのではなく、ある特定勢力の利益を誘導するためにあるのだということが、これではっきりしたと思います。  そのような報道機関は、もはやネットに駆逐される時代となったのです。


ブログの筆者はこのように述べています。
これは、日本の新聞やテレビでも同じことが言えます。

今国会でのTPPの審議と採決においても、野党の反対の中、強行採決されたと新聞やテレビは、報道していますが、日本維新の会や日本のこころを大切にする党などは、審議質問をして、採決に参加しています。

国会内に持ち込み禁止のプラカードを持ち込んで、パフォーマンスをしているのは民進党です。その違法者を庇い、
如何にも自民党が強権政治をしているように印象付けているのが、日本のマスごみです。

NHKのニュースキャスターとしておなじみだった木村太郎氏は、独自取材を通して、早くから「トランプが勝つ」と明言していらっしゃいました。

日本にとって、トランプ氏の日本憎しの言動が不安で、ヒラリー候補に勝ってほしいとの声が圧倒的でした。しかし、ヒラリーには、チャイナマネーが相当渡っていると言われ、ヒラリーが勝てば、即、南シナ海問題や尖閣の問題を中国に譲歩するのは見えているとの声もありました。

どちらにしても、日本にとっては、最悪の大統領選挙ではあったわけです。

ただ、ヒラリーがバリバリの親中派で、チャイナマネーの献金をたくさんもらっているのに対して、トランプ氏は、未知数です。それだけに救いがあるかもしれません。


«アメリカ大統領選挙結果