2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2020年オリンピック

  • Cn5y5kjueae1iph

ブルーリボン

  • http://www.nippon-blueribbon.org/
    Flagpin120x60

ニュース

無料ブログはココログ

2017/01/22

大歓迎の安倍総理と「その動画の再生回数120万回」

http://www.sankei.com/politics/news/170118/plt1701180030-n1.html

安倍晋三首相のフィリピン・ダバオ訪問動画が再生120万回超で最多記録更新中 熱烈歓迎ぶりやドゥテルテ氏との試食場面も

安倍晋三首相がドゥテルテ比大統領の地元ダバオを訪問したときの様子を映した政府広報動画が大ヒットしている。13日の訪問直後に首相官邸のフェイスブックに投稿されてからの再生回数は18日に124万回を超え、昨年5月のオバマ米大統領の広島訪問(約56万回)を抜いて最多記録を更新中だ。

                                           産経新聞

Photo


安倍総理がフィリピンを訪問され、ドゥテルテ大統領の私邸に招かれ歓待を受けたというニュースは、少し流れていましたが、そのドゥテルテ比大統領の地元ダバオでの大歓迎の様子は、なかなか伝わって来ていませんでした。

首相官邸のfacebookにその様子の動画が公開されたところ、120万回の異例の再生数となっていると、話題になってます。

珍しく、産経新聞だけでなく、テレビ朝日も報道しました。

再生回数は126万回にも…安倍総理「驚いています」http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000092471.html

Photo_2


再生回数は126万回。異例のアクセス数となっています。

 熱狂的な歓迎を受ける安倍総理大臣。13日にフィリピンでドゥテルテ大統領の地元・ダバオを訪問した際の映像です。この動画が官邸のフェイスブックに投稿されると話題となり、現在では126万回を超える異例の再生回数となっています。内閣広報室によりますと、「フィリピンの人にも見てもらえるように英語訳を載せたところ、フィリピンからのアクセスが殺到した」ということです。他の動画は多くても十数万回程度で、安倍総理も「驚いています」とコメントを書き込んでいます。   
 
                                   テレビ朝日


                                   

極左の新聞やねつ造NHKは、何かというと、アジアの人達に。。。とか言いますが、アジアは、特ア三国だけではありません。

私たちは、明治以降、終戦までの日本の歴史をよく学び、日本がアジア諸国のためにしてきたことの真実をこうした親日国から、本当のことを知るべき時に来たと思います。

2017/01/21

親日国「パラオ共和国」


    「私達は日本人と共に米軍と戦う」
    「貴様ら土人と一緒に戦えるか!」

    失意の中、避難船が島を出ると、日本兵達が笑顔で手を振っていた

    「私達を助ける為だったんだ……」

    その後、日本軍は全滅
    遺体はパラオの人達が埋めてくれた   


                                     

日本は、西洋列国と違って、植民地支配をしたことはありません。
日本の同じように、インフラ整備を行い、教育を行い、アジアの諸国の人達の生活の向上を図ったのです。

その真実の歴史を子供たちに伝えていくのが、私たち世代の務めだと思います。

2017/01/20

衝動買い  (^^;)

Img_20170120_130109178


昨日、夫の携帯の機種変更に、docomoに出かけたら、タブレットが「0円!!」が目に入りました。(^^♪

スマホは、どうしても画面が小さいので、年寄りには、見にくいのですよね。docomoの男性スタッフさんも、「スマホ表示ページが見にくいでしょう。」と言ってました。PCに慣れたものは、PC表示がいいのですが、それを大きくするのも限界がありますよね。

スマホなら、持ち運び楽だし、通信料も安そうなことが書いてあったので、つい、衝動買い。

で、色々契約を進めていくと、決して安く無い。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
でも、もう、断りにくいし。。。

本体は、確かに6万前後のものが、ゼロ円です。その代り、結構、通信料高いのね。

よく考えたら、私のように、PC大好きのものには、ノートPCを買って、持ち運べるモバイルWi-Fiルーターを契約したほうが、安かったのですね。もちろん、タブレットでもいいのですが。。。

まあ、せっかくスマホ代金が安くて済んで喜んでいたのに、また、2年高い縛りを受けることになってしまいました。
(^^;)

夫の携帯の機種変更。なんと、携帯電話を洗濯してしまったのです!!

夫がパジャマのポケットの中に入れて、そのまま洗濯機の中へ。。。オイオイ

洗剤を入れるとき、なんか変な音がするので、なかを見たのですが、別に異常ない。音もわからなくなったので、そのまま、洗面所を離れました。

洗濯が終わって、洗濯物を広げていると、なかから、緑色の見慣れたものが。。。(*´Д`)

2017/01/19

暖房は、「電気」か「灯油」か、どちらが経済的?

数日来、大雪になったとはいえ、気温は割と高く、ずーと暖冬でしたが、それでも、暖房器具なしでは無理です。(笑)

基本的には、灯油ファンヒーターを使っているのですが、朝だけ、タイマーを入れるため、エアコンを使い、灯油のファンヒーターとエアコンを併用しています。

ここにきて、灯油の価格が昨年の暮れから、じりじりと上がってきましたね。こうなってくると、気になるのが、石油ファンヒーターとエアコンのどちらが経済的かと言うこと。

我が家は、「かきねのかきねのまがりかど たきびだたきびだ おちばたき♪」の音楽を流しながら、車で灯油の巡回販売車が遠くから来てくれるので、そこで買ってます。

スーパーやガソリンスタンドでも買えますが、車に乗せてくると、車内に灯油の匂いが広がって、嫌ですものね。

お値段は、11月中は、18リットル990円だったのが、今年になって、1150円、1250円と週単位で値上がりしてます。ちなみに、昨年シーズンは、1230円、1190円、990円と毎週値下がりしていた。(^^;)

遠いところから来てもらうので、1000円切る価格だと、利幅も少ないだろうと、こちらが心配になるくらいでしたが、それでも、これ以上の値上がりは困ります。

2014年の高い時だと、1750円もしていました!!


ちょっと、ネットでどちらがお得かと、調べてみたのですが、「これが正確」と言うのはよくわからない。

最近のエアコンは省エネが進んでいて、灯油価格1200円を超えてくると、エアコンの方がお得となっているのもあるし、それでもやっぱり、灯油が経済的というのもあるし、なかなか、難しいですね。

年を取ると、灯油を入れるのが面倒です。重いし、寒いし。。。( 一一)そういう意味では、多少高くなっても、エアコンの方がずーと楽ですよね。Goods_touyu_pump_tank


ただ、遠いところから、巡回販売に来てくれている灯油屋さんには申しわけ無い。来てくれなくなっても困ります。

灯油と電気をうまく使い分けていくのがいいですね。


下のリンクは参考にしたサイト。
灯油と電気代どっちがお得?冬の暖房を徹底比較https://enechange.jp/articles/paraffin-and-electric-bill#i-4

Eakon_danbou

2017/01/18

大雪の日に

Imgp6904

三日も雪が降り続くと、鳥さんたちもエサを探すのが大変のようです。

雪の降る中、メジロが二羽飛んできていたのですが、庭の槇の木の枝の中、ちょうど雪を被って風よけ、雪除けになる空間を見つけ、しばらく、籠っていました。(笑)


Imgp6899


もう一枚は、カーポートにできた小さいつらら。
こんな風になったのは初めてです。三日も雪が降り続いたことは、ここに越してきて初めてですから。。。

まだ、道路の路肩や交差点のコーナーにはしっかり雪が残って怖いです。

それになりより、地元の葉物野菜が高騰しないかと、それが一番怖い!!( 一一)

2017/01/17

阪神淡路大震災から、22年

今日は、阪神淡路大震災から、22年です。

22年前の5時46分52秒、強烈な直下型地震が起こりました。マグニチュード7.3。震度7。

我が家は、当時平屋の木造在来工法。南向きに窓が解放されて、壁がほとんどない。( 一一)
震度4でしたが、不気味な横揺れが長く続いて、気味悪かったです。あれ以上長かったり、もう少し震度が大きかったら、半壊していた可能性あり。

すぐにテレビを付けても、神戸の震度だけが出ません。様子がさっぱりわからなくて、そのまま、仕事に出かけたのを記憶しています。

あれから、東日本大震災、そして、昨年の熊本地震と起こりましたが、私の記憶では、阪神淡路大震災のあの火災が広がっている光景が忘れられません。

以前にも、村山富市が総理でなければ救える命もあった! 阪神淡路大震災の悲劇から私たちが教訓にすべきこと、この記事は、ブログで取り上げましたが、忘れてはならないこと、私たち国民が肝に銘じなければいけないことなので、毎年この時期に取り上げたいと思います。

今でこそ、大規模災害の時は、地方自治体の長も積極的に自衛隊に災害派遣を要請しています。
そうすることで、多くの人命と国民の財産が守られるといことが、国民全体の意思となったからです。

しかし、この当時は、左翼の地方自治体は自衛隊を毛嫌いして、災害派遣要請に二の足を踏んでいたのです。

阪神淡路大震災時の自衛隊の災害派遣について知ることのできるページhttp://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/5761/hannkatu0.html

こちらにも、「物議をかもした災害派遣要請」として、当時の村山総理、貝原兵庫県知事のイデオロギーに寄る災害派遣要請の遅れについて議論があったことが指摘されています。

そして、問題は、社民党から、民進党に移った阿部知子がHPで、こんなことを書いていました。震災から12年と書いているので、10年前の記事ですね。それにしても、酷い出鱈目を書いているものです。


----------
 安倍晋三政権になってから「国を愛する」・国防の強化などの言葉が氾濫し、あたかも外敵から国民を守るために国家の力=軍隊が必要であるかのように宣伝されるが、実は「軍隊は国民を守らない」という事実は戦争を通して如実に示されてきた。軍隊はもちろんのこと警察も、戦闘のためあるいは犯罪に対しての対処を第一とするため、国民保護は二の次、三の次となる。
 阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、知事の要請を受けて本格救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、警察予備隊として出発し、防災のために働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。
---------


社民党が阪神淡路大震災の自衛隊救援遅れを批判?!http://nonbe.way-nifty.com/blog/2007/01/post_d660.html

家族が一番さんのHPを参考にさせていただきました。

「知事の要請を受けて本格救援に向ったのは、数日を経て後のことであった」

ええええ・・・知事が要請しないから、兵庫県の防災担当課長さんが自衛隊に派遣要請したのでしょうが!!

私はこの頃は、まだ、結構お花畑でしたので、何も知らなかったのですが、いろんなHPで糾弾されていたようです。


阿部知子の暴言止まらず…震災当日に社会党でも激震http://dogma.at.webry.info/200701/article_22.html

東アジア黙示録さんさんのブログ

社民党阿部知子議員の頭はどうかしているhttp://obiekt.seesaa.net/article/31798228.html

週刊オブイェクトさんのブログ


以下、なでしこりんさんのブログより転載

2015年1月17日のなでしこりんさんのブログ記事です。その後、なでしこりんさんのブログは強制退会となってしまいました。まさに言論弾圧です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


村山富市が総理でなければ救える命もあった! 阪神淡路大震災の悲劇から私たちが教訓にすべきこと
反日左翼がトップだと災害時の危機対応が遅れることを肝に銘じて!
大災害発生時は、国家規模での救助活動をすぐに発動すべきです!

 なでしこりんです。今日、2015年1月17日で「阪神淡路大震災」が発生して20年になります。今年、成人式を迎えた方たちの記憶には、この大惨事はないと思いますが、当時の日本の政治がどうなっていたかをこの機会に知っておいてほしいです。政治によって「救える命と救えない命」があることを。

Img_3_2

阪神・淡路大震災 は、平成7年(1995年)1月17日(火)午前5時46分に発生しました。当時の内閣総理大臣は、社会党の村山富市です。「なんで社会党?」と思われるかもしれませんが、この時代は日本の政治の混乱期の一つであり、不幸にも平成6年(1994)6月30日~平成7年(1995)8月8日までは、社会党の村山富市が総理大臣、自民党の河野洋平が副総理兼外務大臣をやっていたんです。

Img_0

この時代、小沢一郎により自民党が分裂させられ、「非自民党非共産」の新生党や日本新党などが作られ、そこに共産党を除く既成政党が野合したんです。具体的には、日本社会党 、新生党 、公明党 、日本新党、 民社党 、新党さきがけ、自由党、 改革の会 、社会民主連合 、民主改革連合、新党みらいなんですが、まさに「烏合の衆」ですよね。こういう連中が担いだのが「細川内閣」であり「羽田内閣」だったのですが、案の定、細川護煕は「佐川急便一億円借り入れ事件」で辞職。羽田孜が総理大臣になるも、今度は社会党が離脱して羽田は2ヶ月で退陣してしまうんです。そこでできたのが「自民、社会、さきがけ」の「自社さ政権」。

そんな村山内閣の時代に「阪神淡路大震災」が発生します。当時の兵庫県知事は貝原俊民。貝原は去年、交通事故で死にましたね。一般的に言われているのが、「兵庫県知事の自衛隊への災害救助要請が遅く、迅速に災害派遣要請をしていれば死亡者はもっと少なく済んだ」という指摘もあります。なお、10時10分の陸上自衛隊への派遣要請は実際には、事態の深刻さを正確に判断した兵庫県の防災担当、野口課長補佐でした。野口課長補佐はその後、神戸の兵庫県庁から淡路島の県民局企画調整部に転出しましたが、これは野口課長補佐の独断をとがめた県による左遷という指摘もあります。

  10:10 ・兵庫県防災担当、野口課長補佐による陸上自衛隊への派遣要請
  19:50 ・兵庫県知事、海上自衛隊に災害派遣要請
  21:00 ・兵庫県知事、航空自衛隊に災害派遣要請

 そして村山富市の、「阪神淡路大震災」時の動きですが、これが「信じられない世界」で・・・。

06:00 ・CNNワールドニュース、トップニュースで「マグニチュード7・2。神戸で大地震」と報道。
        ・村山起床。テレビで震災を知る。
  08:00 ・官邸、防衛庁に、派遣要請がきているか確認するも、要請無し。
  08:26 ・総理、官邸執務室へ(予定より1時間早い)。テレビで情報収集。
  09:18 ・村山、廊下で記者に「やあ、大変だなあ」、
         視察はしないのかとの質問に「もう少し状況を見てから」とコメント。
  10:00 ・村山、月例経済報告終了後廊下で、記者の
         「北海道や東北と違い今回は大都市での災害だが、対策は?」との
         質問に「そう?」とコメント。
  10:04 ・定例閣議。閣僚外遊報告。非常対策本部設置決定。
         玉沢徳一防衛庁長官には「沖縄基地縮小問題で(上京してきている)
         大田昌秀知事としっかり協議するように」と指示。
         震災についての指示なし。
  10:15 ・中部方面総監部、自衛隊災害派遣出動命令(2300人)
  11:00 ・村山、廊下で会見。記者の「総理が現地視察する予定は?」
         との質問に、「状況見て、必要があればね」。
         「総理は行く用意はありますか?」、「そうそう、状況を見て、必要があればね」。
        ・村山総理、「二十一世紀地球環境懇話会」出席。
         「環境問題は国政の最重要課題の一つとして全力で取り組んでいく」と発言。
  12:00 ・新党さきがけ高見裕一、現地から官邸に電話。
         自衛隊増員要請するも、村山「高見は大げさだ」
         政府与党連絡会議中、五十嵐官房長官が村山に「死者203人」と報告。
         村山「え!?」と驚愕。 以上http://poo-mono.jugem.jp/?eid=294 より引用

  その後、初動対応を批判された村山は、

        「なにぶん初めてのことでございますし 、早朝のことでも
      ございますから・・・、政府の対応は最善だった」


      と弁明するも、その後全面撤回する羽目に。

「阪神淡路大震災」での死者は6,434名で行方不明者3名なんですが、もし、もっと早い時点での災害対応ができていたら 焼死者や圧死者を減らすことができたのは自明の理ですよね。人々が苦しんでいる最中にこのボンクラ社会主義者は「二十一世紀地球環境懇話会」で 「環境問題は国政の最重要課題の一つとして全力で取り組んでいく」とやっていたんです。まあ、人命などそっちのけの社会主義者ゆえの「鈍感さ」なんでしょうね。 こんなボンクラどもが出したのが「村山談話」であり「河野談話」。


Nadesiko


2017/01/16

降り積もる雪を眺めながら

1月14日土曜日のブログにも書いた通り、一日中雪が舞い、その舞い散る雪を眺めながら、その日は一日、無為に過ごしました。買い物の予定もあったけど、もらい事故に巻き込まれても嫌ですからね。

私の住む団地の方は、おそらく、みなさん冬タイヤにしていらっしゃると思われます。先日のテレビ番組での、「dボタン」アンケートでも、そんな感じでした。

しかし、スタッドレスでも安心はできないのですよね。凍結して道路が鏡面状態の時は、スタッドレスでも無力です。

まあ、買い物は翌日回しにして。。。と思っていたら。。。
日曜日、朝起きたら、こんな状態。(^^;)

Img_7940

これくらい積もったのは、何年ぶりかというくらいです。陽が昇れば、融けるだろうと思っていたら、トンデモナイ。どんどん、降り積もる。最終的には、30センチから40センチくらいの積雪です。道路も、車がほとんど通らないので、轍もできない状態でした。

結局、夕方まで、しんしんと雪は降り続き、融けないまま。

さて、翌日の朝、融けているかなと期待して、雨戸を開けたら、とんでもない光景が。。。(^^;)
Img_7946_4


なんとまあ、また、夜の間に降り積もり、また、積雪が増えている!!

この後も、時々、青空が覗き、屋根の雪も融けだして落ちては来るのですが、でも、庭の雪を見てると、まだ、どんどん積もっていく。。。


メジャーで、積雪を測ってみると、30センチ近くあります。
Img_7954_2

土日は、ローカルニュースが無いので、三重県の積雪の様子はほとんどテレビは伝えません。今日の夕方のニュースで、やっと三重県北勢地方の大雪を伝えていました。小中高校と、休校になったところは多かったようです。我が家の近所の小学校も休校のようでした。

ここに越して来た年の暮れ、大雪になったことがあるのですが、やっぱり、1995年以来の大雪だとのことでした。その時より、雪は多いような気がします。

テレビでは、カーポートが壊れて、車の屋根が押しつぶされているお家も出てました。

カーポートの雪も、「30センチ以上積もると、除雪して下さい。」と注意書きがしてあります。でも、慣れないことして危険ですよね。(^^;)

一日二日のことで、こんなですから、雪国の暮らしが如何に大変か思い知りました。

2017/01/15

多度大社参道に咲く「10月桜」

Imgp6880


Imgp6881


Imgp6884


Imgp6886


Imgp6883


Imgp6888


Imgp6890


Imgp6891


多度大社の参道のせせらぎに沿って植えられている10月桜です。その年によって、花が少なかったりしますが、今年は、割とよく花がついて、綺麗に咲いていました。

この花は、小さくて可憐。ピンクもごく薄いのですが、離れて見ると、意外と濃い。

個人の方が、寄進してくださったもので、初詣の時にいつも咲いて、和ませてくれます。

2017/01/14

2017年 初雪そして初積雪

Img_7930


Img_7932


Img_7934


今日は、一日、雪が降り続いていました。
今シーズン初めての降雪で、そして、初積雪。

気温が高いのですね。雪がべたべたで、積雪の様子も以前のようなサラッとした雪ではないです。

もう雪景色は見ることができないのかなと思ってましたが、やっぱり冬は冬。(^^♪

雪が降ると、心躍るのはなぜでしょう。
子供みたいに一日、外の様子を見ていました。

2017/01/13

平成29年 初詣

Img_20170113_104053667


今日は、寒かったですね。気温はそれほど低くなかったのですが、風が冷たくて震えました。

多度神社に初詣に行ってきました。平日ですので、参拝客は少なかったですが、会社の方々がバスでお参りに来ていらっしゃいました。

今日の夕方のニュースで、去年の倒産件数が、今の集計方法になった平成12年に次ぐ2番目に低い水準となった報道していました。

去年の倒産8100件余 2番目に低い水準http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170113/k10010838621000.html?utm_int=news_contents_news-genre-business_003

企業の業績が堅調であれば、新卒の若い人達の就職が明るいでしょう。何よりですよね。団体で来ていらっしゃった人達も明るく賑やかでした。今年もいい年になるといいですね。

Imgp6875


Imgp6876

多度大社の大切な白馬。

多度大社には、1500年前から棲むと言われています。
多度大社白馬伝説http://www.tadotaisya.or.jp/


Imgp6877

本宮横を流れる滝。今日も清らかでした。


Imgp5369


2017/01/12

おせち料理に思うこと

Jyuubako


昨年暮れに、突然の胃腸炎を起こし、孫たちはおせちも食べずに帰ってしまったので、夫婦二人で、ただひたすらおせち料理を消化するお正月でした。(^^;)

胃腸炎が起こったその日は、丸一日、食事は出来ませんでしたが、翌日には重湯。その後は、少しずつ、食べられるものから食べて、なんとか、片付けました。

ここ数年は、取り寄せのおせちで、特に、昨年、一昨年の二年は郵便局の通販に「道場六三郎監修のおせち」と言うのがあって、それを頼みました。

http://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/osechi.aspx

Img_20170111_0001_2

石川県金沢市の料亭のおせちで、とても、丁寧なお料理で美味しいのですが。。。何しろ、お腹の具合が本調子でない。もっと、美味しいだろうになぁと思いながら、食べました。

しかし、よく考えたら、おせち料理って、ご飯のおかずにはならないのですね。(^^;)

確かに凝ったお料理で、自分ではなかなか作れないものばかりです。でも、旅館に泊まった時に出てくる口取りとか、洋食ならオードブル。そんな感じ。そういえば、宿泊したときのお料理も、ご飯は最後に、お漬物と一緒に食べる。

https://www.kikkoman.co.jp/homecook/college/10shoga/recipe2.html

キッコーマンのHP「定番おせち&アレンジ正月料理」

これを見ていて、「また、今度は自分で作ることにしたいな。」と考えた今年のお正月なのでした。

Food_ozouni_shiromiso

2017/01/11

冬に華やかな「サイネリア」

Imgp5360


Imgp5361


Imgp5363


今年の寒の入りは、1月5日。寒中と言うのに暖かいですね。

車パネルの外気温を見たら12度でした。

カーエアコンから噴き出る風が気持ち悪いので、エアコンを切ったら、すごい暑さ。陽射しがあったので、エアコンは冷却していたのですねぇ。

昨年も、初雪が1月19日でしたが、今年は雪も降らないのかしら。雪が降ると、行動も制約されて大変ですが、それでも、冬は一度は雪景色を見たいものです。

さて、今日スーパーに行ったら、サイネリアが売っていたので、買ってきました。冬には、華やかで、花苗の値段も手ごろなので、嬉しい花ですね。

花壇が寂しいので、地植えにしようかしらと思いましたら、これが、冬の寒さには弱いのだそうです。(^^;)冬の園芸店の定番なので、てっきり、冬の寒さに強いのだと思っていました。

サイネリアの育て方http://sodatekata.net/flowers/page/143.html

            まとめ
             ●寒さに強いと思われがちだが、霜に当たれば枯れる。
             ●花ガラを摘むと次が咲きやすい。
             ●水切れが起きやすいので注意。
             ●夏までには枯れるものと考えた方が吉。

特に今店頭に並んでいる鉢植えは、温室育ちなので、室内で育てたほうが安心だそうです。

2017/01/10

『月刊HANADA』を買いました。(^^♪

http://www.honmotakeshi.com/archives/50387186.html

【月刊HANADA】『沖縄反基地運動』特集 在日関係者「活動家の3割~5割が韓国朝鮮人で大半が無職生ポと聞いている」

月刊HANADA2月号「沖縄基地反対運動」特集
高江や辺野古での反対運動の主体は「沖縄平和運動センター」(社民系)と、「沖縄県統一行動連絡会議」(共産党系)。
両組織とも、実態は地元住民無視の反日米同盟、反安保運動。


https://twitter.com/CatNewsAgency/status/817293838062497792

月刊HANADA続き『辺野古や高江の活動家の三~五割は在日』『大半は無職で生活保護受給者』『渡航費は自前。滞在費や活動費はカンパ』『ソウルの大統領退陣要求集会にも参加』

『月刊HANADA』の2017年日本の大問題特集が掲載されています。そのなかで、【沖縄】の記事、「沖縄基地反対運動に組織的スパイ」として、米軍基地反対運動の構成員のことが詳細に書いてあります。

以前にも、沖縄基地反対運動のプラカードに簡体やハングルが多くみられるとここのブログでも紹介しましたが、この基地反対運動の多くが、在日外国人で、しかも、日本の生活保護を受けている連中であることが明らかにされました。

下の画像は雑誌の記事の一部です。

8eb2e9d8_3


とんでもないことですね。そもそも、外国人への生活保護は違法だと、最高裁判決が出ています。そして、外国人の政治活動についても禁止されています。

先日面白いことがありました。

http://www.honmotakeshi.com/archives/50386789.html のりこえねっと、東京MXニュース女子に抗議声明「反対派には外国人多数。『韓国人がなぜ反対運動に〜』はヘイト」辛淑玉さん「名誉毀損と人権侵害で訴える。国連へ報告も」

D3cf0502s

このネット記事をを見ていただくとわかりますが、ネットだけでなく、ローカルテレビとは言え、テレビにこの現実を暴露されたことに、辛淑玉始め反日活動家が激怒しているわけです。

しかし、ネット記事の中に、辛淑玉や過激暴力組織のしばき隊所属のものが名を連ね、「日当5万円を払います」と活動に参加するものを募集しているチラシが掲載されています。このチラシは、ずいぶん前から、ネットでは普通に広まっていました。

そこには、TBSの報道特集の金平茂紀の名前もあります。放送法で報道は公正であるべきと規制されるはずの、一応、ジャーナリストがこんな運動に参加しています。

自分たちは、外国である日本で、好き勝手なことをしながら、「韓国人が」とか、「韓国人」であることを指摘されると激怒し、即ヘイトと言いだします。自分の国に誇りを持っているのなら、国籍を指摘されるとヘイトとと言いだすとは!!意味わかりません。(苦笑)

ニュース女子とは

2015年4月1日、シアターテレビジョンからDHCシアターへチャンネル名称変更後、放送開始された番組の1つ。番組のコンセプトは、「日本を代表する論客(オジサマ)たちが女性にも楽しく分かりやすくニュース解説し、次代を担う若い女性達に日本の未来を託すべく集まった社交界」と定義し、論客と女性タレント及びエキストラの一般人女性がニュース、時事問題についてトークする番組構成である。

私も知らなかったのですが、東海地方では、テレビ愛知が深夜枠で放送しています。テレビ東京系で他の地方でも視聴できるかも。

月刊HANADAからニュース女子に話題が移ってしまいましたが、月刊HANADAは、以前よくテレビにも出ていらっしゃった花田紀凱さんが責任編集していらっしゃる雑誌で、一流論客が記事を寄稿していらっしゃいます。

276729

月刊Hanada2017年2月号http://www.asukashinsha.co.jp/book/b276729.html

安倍総理を最もよく知る二人の政治記者が安倍政治を分析する阿比留瑠比×山口敬之

この対談も面白いです。安倍総理を徹底貶めながら、福田康夫は意外と思うほど、評価していたマスコミ。そんな内幕も読めます。

2017/01/09

古都奈良の旅   国営飛鳥歴史公園

Photo


古都奈良の旅、三日目のランチは、この地図の「あすか野」というところを考えていました。石舞台のすぐのところです。岡寺からカーナビでここを目的地にしたのですが、なぜか、見つかりません。(^^;)

HPをみるとリニューアルオープンとなっているので、たぶん、カーナビの地図には、違う場所が表示されたのかもしれません。ぐるぐる回って、ワン。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

いつの間にか、高松塚古墳のところに来たので、まずは、そちらを見学しました。

1


Photo_2

Png


Img_20161203_125929522


国営の公園になっていて、高松塚古墳壁画館のあたりまで、駐車場から10分ぐらい歩きます。
https://www.asuka-park.go.jp/tumulus/

7世紀末から8世紀初頭にかけて築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳です。 当初は、盗掘を逃れて残っていた銅鏡などから7世紀末から8世紀初めの終末期のものと推定されていましたが、2005年の発掘調査によって、藤原京期(694年~710年)の間と確定されました。 被葬者は特定されておりません。

この明日香村は、あちこちに歴史的遺産が広がって、見どころ満載。でも、道路が狭いのです。当然、開発が極力制限されているのでしょうね。

古墳とビニールハウスが点在。夫は、ビニールハウスを古墳と間違えていました。(苦笑)

ここは気候の良いときに、レンタサイクルを借りて、回るのが最適かと思われます。いつも、車ばかりを頼りにしている私は、反省しました。

これで、奈良の二泊三日の旅は終わり。

今回は、かなり駆け足で、あちこちを回りました。充実した旅でしたが、もう少し深く、見て回りたかったと反省しています。正直、こんなに古い歴史に触れることができるとは思ってもいず、感動することばかりでした。

桜の咲くころは、吉野山を中心に奈良は大賑わいですが、もう一度、訪れたいと思っています。

200pxhyakuninisshu_061_2

2017/01/08

古都奈良の旅   岡寺さんの鐘楼と五重塔

Img_7897


Img_7898

正確な建立年代は不明ですが、梵鐘には文化5年(1808)と刻まれており、建築様式などから本堂と同時期に再建されたものと思われます。

立派な鐘楼でした。そして、自由に突いてよいとのことでしたので、つかせていただきました。だめなところもあるのですよね。突く時間が決まっていて、勝手な時間に鳴らすと、人心を惑わすことになります。(^^;)

Img_7910

Img_7909

三重塔も見事でした。文明4年(1472)7月21日の大風により倒壊してしまって、ながらく、復興されなかったのですが、
昭和61年に実に514年ぶりに再建されたそうです。

Img_7908_2

岡寺から、みた、明日香村の風景。


2017/01/07

古都奈良の旅 西国第7番 岡寺 『東光山 真珠院 龍蓋寺』

Img_7892


Img_7894


Img_7895


Img_7896


Img_7899


Img_7901


Img_7904


Img_7906


Img_7912


Img_7913


時代は少し新しくなりまして、と言っても、史料上の初見は天平の時代。

『東大寺要録』「義淵伝」、『扶桑略記』等によれば、天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。この時、同時に龍門寺なども建立された。史料上の初見は、天平12年(740年)7月の写経所啓(正倉院文書)である。

http://www.okadera3307.com/index.html
岡寺のHPには、草創1300年となっています。現在は、長谷寺の末寺だそうです。

ここは、紅葉とシャクナゲが有名で、紅葉が、やはり少し遅かったのですが、綺麗でした。

日本初の厄除け霊場となっています。

岡寺さん、厄除け観音。

あれ?どこかで聞いたような。そう、私の生まれ故郷の松阪市に厄除け観音で有名な岡寺さんがあるのです。
てっきり、何か縁があるのかと思いましたが、全く、関係はないみたい。(^^;)

http://www.okadera.com/
岡寺山継松寺

どちらも、日本最初の厄除け霊場。草創期も同じような時期になってます。

2017/01/06

古都奈良の旅 飛鳥路 石舞台

Img_7873


Img_7876


Img_7877


Img_7880


Img_7882


Img_7883


Img_7884


Img_7885


Img_7886


Img_7891


談山神社から、県道155号線をまっすぐ西に走ると、古墳時代後期から飛鳥時代の史跡が満載の明日香村に入ります。

まずは、石舞台古墳。

石舞台古墳(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある古墳時代後期の古墳。国の特別史跡に指定されている。 元は土を盛りあげて作った墳丘で覆われていたが、その土が失われ、巨大な石を用いた横穴式石室が露出している。埋葬者としては蘇我馬子が有力視されている。

写真を見てもらうとわかるように、まさに石舞台です。「古墳って、土で覆われているものじゃないのかな。」と思ってましたが、土が失われて、石室が露出したのですね。それで、かえって、この全景がこうしてみることができます。

ずーと以前に、この石舞台を訪れた知人が、「石舞台って、大きな石がごろんと転がっているだけよ。」なんて言っていました。それもあって、なかなかここ訪れる機会がなく。。。(^^;)

今思うと、なんと、無知な。。。(*´Д`)

日本の古代の歴史に興味ある方なら、一度は訪れる価値のあるところです。京都とは違った、素朴な奈良の魅力がいっぱい詰まっている場所です。

ここの被葬者は、蘇我馬子が有力視されています。

被葬者は蘇我馬子であったとする説が有力である。『日本書紀』の推古天皇34年(626年)5五月の条に「大臣薨せぬ。仍りて桃原墓に葬る」とあり、大臣は、蘇我馬子を指している。封土が剥がされ、墓が暴かれたのは、蘇我氏に対する懲罰ではなかったかとする説もある。

ただし、異説があり、奈良大学の水野正好は、石の種類、築造年代などから蘇我稲目説を唱えている。
また、三重中京大学名誉教授の上野利三は石室の壁に「馬子墓」の文字が刻まれており、肉眼でも確認可能との説を主張している。

この飛鳥の里で、額田王が恋をして、あの有名な句。

「あかねさす紫野行き標野(しめの)行き  野守は見ずや 君が袖振る」
を読んだのでしょうか。

もっとも、これは近江の里蒲生野での狩猟の時とか、書いてあるので、この明日香村ではないのかもしれないですけど。それでも、私の心は、古代人の姿をこの広い野山に追ってます。(笑)

http://www.k4.dion.ne.jp/~skipio/21essay2/Jitou&Nukata-ookimi.htm

額田王と鵜野讚良
古代に咲いた二人の女性

個人の方のHPに興味深いお話が載ってました。


Img_7888


Img_7889石棺の復元です。日本の古代にこんな綺麗な石棺が作られていたのです。

2017/01/05

箱根駅伝であわやの出来事

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161052469/

箱根駅伝であわや「死亡事故」の事件が発生していた…警察の不手際に批判

暖かい三が日で、いいお正月でしたね。
私は、昨年末の胃腸炎が尾を引いて、今一つでしたが。。。(^^;)

お正月と言うと、元旦の実業団の駅伝、高校サッカー、高校ラグビーとスポーツが目白押し。

そのなかで一番注目を集めているのが、関東の大学に寄る箱根駅伝でしょうね。私も、何十年も前には、箱根駅伝を熱心に見ていた一人です。その頃は、今ほどの盛り上がりはなかったように思います。

日本テレビが特別後援をしているので、これをネタにいくつもの番組に取りあげ、年々中継も派手になり、他のテレビ局までも取り上げるようになってきました。

しかし、一人の走る距離はすべて20キロを超えて、まるでハーフマラソン。しかも、箱根の山を登り、下る区もあります。
         

1


実業団駅伝の距離と比べても、異常に長いのがわかりますね。この距離を20歳そこそこの学生さんが走るわけです。しかも、これ一日だけではないですからね。このための練習があり、予選会がある。だから、日本の男子マラソンにいい選手が出てこないのも、この影響があるのではとのうわさも囁かれています。

そして、今回の箱根駅伝で、あわや「死亡事故」の事件が発生していたのです。これについて、テレビでは何も取りあげていないので、知らなかったのですが、この時の動画を撮っていて、ネットにアップされた方があって、その危険なシーンが話題になっています。

https://twitter.com/demesan/status/816273499572445184/video/1

動画のあわやのところだけ、キャプチャーしてみました。

3


4


5

朝日新聞デジタルにもっと鮮明なシーンの動画が一般人から提供されていました。
http://www.asahi.com/articles/ASK14574MK14UTIL01K.html

箱根駅伝、選手とワゴン車あわや衝突 警視庁が規制ミス

トラブルは3日午後1時半ごろ発生。主催者の関東学生陸上競技連盟や目撃者によると、復路10区で神奈川大の選手が日比谷交差点(千代田区)を通過しようとした際、左から横断する車列が途切れず、選手とワゴン車が衝突しそうになった。直前で選手が速度を緩め、レースは続行した。

 警視庁交通規制課によると、同交差点では選手の通過に合わせて断続的に車を止める規制を実施。手前の地点で通過を確認した警察官が、交差点にいる警察官に無線で連絡し、規制する手順だった。神奈川大の選手の時は、通過の連絡はしたが連携がうまくいかず、東進する3車線が規制されなかった。対向車線は止まっていた。他の選手が通過した際は、問題はなかったという。警視庁は連携強化や配置する警察官の増員を検討しているという。

 選手の約50メートル後ろを走る車に乗っていた神奈川大の大後(だいご)栄治監督は「通過する直前になっても車が横切っていた。事故にならず、何とかゴールしてくれてよかった」と話した。レース後にあった監督らの会議で状況を説明し、「タイミングが悪ければ箱根駅伝の存続が危ぶまれる事態だった」と発言したという。

 近くで観戦した埼玉県の女子高校生は「選手が近づいているのに車が止まらず、大丈夫かと周りもざわついていた。車は減速せず、選手がひかれそうでハラハラした」。関東学連の担当者は「あってはならないことで、来年に向けて態勢を確認したい」と話した。過去の大会で、選手と車が接触する交通事故が起きたことはないという。

この記事に、『過去の大会で、選手と車が接触する交通事故が起きたことはないという。』とありますが、そうでもないのです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47239

箱根駅伝のタブー「試走問題」にモノ申す! あの悲劇を繰り返すな

この碑は、箱根町の観光案内には出てこない。ネット検索してもほとんど出てこない、忘れられた碑だ。でも、この碑は箱根駅伝を語る上で避けて通れないと思う。 かすれ気味の案内板にはこうある。

「昭和31年12月11日、大学駅伝の練習中に当所で交通事故のため亡くなった専修大学の小山国夫選手を悼んで建てられたものです」

裏面には小山選手のお母さんの哀悼の言葉がある、と書かれているが、背面に回っても苔むしてしまってもう読めなかった。

試走中に事故死した専修大学・小山国夫選手の追悼碑。その碑の脇を走る路線バスとの空間は、現在でも30cm程度しかない


もう50年も前のことだから、みんなの記憶には残っていないのでしょうけど、こんないたましい事故もあったのです。

今回警察の規制のやり方の拙さを問題にされていますが、マラソンと違って、駅伝の場合は通過する時間は、直前までわかりません。人数も少ない。ダラダラと長い時間、大都会の道路を閉鎖は無理がある。

大きな事故が起きる前に、根本的な見直しの時期に来ているのではと思うのは私だけでしょうか。

2017/01/04

古都奈良の旅 「談山神社」の縁起

談山神社の御祭神は藤原鎌足公です。

御祭神 藤原鎌足公 舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていました。 この時、中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は強い志を抱いて、国家の正しいあり方を考えていました。

たまたま飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、
聡明な皇太子として知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、
西暦645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行いました。
後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなりました。

ここに鎌足公は真の日本国を発想し、日本国が世界に誇る国家となるため、一生涯を国政に尽くしました。
天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いことを知った天智天皇は、みずから病床を見舞い、
大織冠(たいしょくかん)を授けて内大臣に任じ、藤原の姓を賜りました。
藤原の姓はここに始まります。

鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立しました。
大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。


すごい!!

神話に近い時代のお話に触れて、背中がぞくぞくして緊張しました。(笑)

「大化の改新」談合がここの山で行われたのです。


Photo

平成17年の新聞記事が見つかりました。今から10年以上前、明日香村で、蘇我入鹿の邸宅の一部ではないかと言われる建物跡が見つかっています。

この談山神社の「多武峰縁起絵巻」には、その栄華をふるった蘇我入鹿を打つために中大兄皇子と藤原鎌足の談合の場、そして、蘇我入鹿を打ち取る場面が描かれています。

Imgp6965


Imgp6966


Imgp6967

拝殿の中は見学でき、写真も撮ることができます。
あまり綺麗に撮れなかったので、ネットに公開されている画像をご覧ください。

多武峰縁起絵巻の画像

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%9A%E6%AD%A6%E5%B3%B0%E7%B8%81%E8%B5%B7%E7%B5%B5%E5%B7%BB&espv=2&biw=1920&bih=950&tbm=isch&imgil=nsanULTDKrWm4M%253A%253B68t2INhZSkIO8M%253Bhttp%25253A%25252F%25252Fwww.tanzan.or.jp%25252Fbunkazai.html&source=iu&pf=m&fir=nsanULTDKrWm4M%253A%252C68t2INhZSkIO8M%252C_&usg=__785Teq-_Gq13rjL96b3foi-UrgM%3D&ved=0ahUKEwjMlay96KXRAhVGoZQKHVF8CZgQyjcILA&ei=hoNrWMy6HsbC0gTR-KXACQ#tbm=isch&q=%E5%A4%9A%E6%AD%A6%E5%B3%B0%E7%B8%81%E8%B5%B7%E7%B5%B5%E5%B7%BB

神社に展示してある多武峰縁起絵巻は、江戸初期に住吉派の祖、住吉如慶、具慶の親子に寄る写本です。室町時代初期の制作による根本縁起は、奈良国立博物館に寄託されています。


多武峰縁起絵巻以外にも安土桃山時代/狩野重信筆の三十六歌仙扁額も見ることができます。
http://www.tanzan.or.jp/bunkazai.html

2017/01/03

古都奈良の旅 「談山神社」

Imgp6945


Imgp6949


Imgp6952


Imgp6953


Imgp6957

Imgp6964


Imgp6972


Imgp6987


Imgp6996


Imgp6976


Imgp6977

Imgp6980


Imgp6981


古の奈良の都を訪ねての旅、三日目は、まず、桜井市多武峰にある談山神社です。
http://www.tanzan.or.jp/

ここは、桜と紅葉の名所で、カエデは約3000本もあり、桜も樹齢600年の淡墨桜が有名。
私たちが訪れた時は、ここも、ちょっと、紅葉には間に合わなかったようです。(*´Д`)

Imgp6946

入り口に案内図がありましたが、HPにもっと詳しい絵図がありました。

http://www.tanzan.or.jp/image/map1_0.jpg


談山神社バス停の駐車場から回るほうが、十三重塔を中心に神社の全体の絶海が眺められるので、そちらがお勧めです。この地図を印刷していけばよかったんですけど。。。

談山神社のシンボル十三重の搭。
享禄5年(1532年)再建で、国の重要文化財建造物
現存する唯一の木造十三重塔です。

Imgp6956


「日本建築史研究所 松谷 洋 氏」のサイトにもっと詳しく載っています。これをみると、もうすこし、じっくり、見てくればよかったと、少し後悔。(^^;)

http://www010.upp.so-net.ne.jp/teiryu/Nr22.html


2017/01/02

若草山に陽が登る

新年三が日は、三月のような気侯だそう。
初日の出も各地で拝めたようですね。

我が家も、二階の窓に朝日を入れて、初日の出を拝みました。(笑)

Img_20161203_065314971

画像は若草山からの日の出の様子。


奈良旅行の宿泊先、かんぽの宿「奈良」https://www.kanponoyado.japanpost.jp/nara/には、展望室があります。

ここから、若草山が見えるのです。

この画像は、12月3日。奈良地方日の出は、6時47分。
ちょうど、朝食バイキングが始まる前。(^^;)

私は、バイキングは、早くいかないと嫌な方で。。。(^^ゞ

もう、陽が昇ったところですね。
折角の日の出が、クレーンで邪魔されてます。(*´Д`)

宿の前は、平城宮跡。
ここは、奈良県の管轄かと思ったら、国の管理の下に整備しています。

国営平城宮跡歴史公園http://www.kkr.mlit.go.jp/asuka/heijo/

これだけ広大な跡地が更地で残っているので、出来る限り、古の大和を再現して欲しいですね。

2017/01/01

新年のごあいさつ

Nennga_2


昨年末は、突然、胃腸風邪に襲われて、大変でした。
孫が遊びに来てくれていたのに、一緒に遊ぶこともできず、早々に帰らせて、夫とふたりの寂しい年越しでした。(^^;)

病院で検査をしてもらったところ、ウィルスでなく、細菌性の胃腸炎。息子も同じ症状が出たので、二人が食べた共通のもの?

どうも、お寿司屋さんで食べたものの中に、汚染されていたものがあったようです。

一日半、時間が過ぎていたので、最初はお寿司とは思わなかったのですが、スーパーで空気感染するとも思えない。つらつら考えるに、お寿司しかないと思われ。

生ものではなく、そのうえに飾られていた金粉のような気がします。

軽い胃腸炎ならともかく、細菌やノロウィルスの胃腸炎は、怖いものです。生ものの外食は、お店を選ばないけませんね。そのお店は、地元で人気のお店なのですが、最近、ちょっと、相性が合わなくて、どうしようかなと思っていたところ。

もう二度と行くことは無いでしょう。

新年早々の愚痴でした。(苦笑)

2016/12/31

【反安倍が社是】朝日新聞、真珠湾演説の記事で安倍首相の顔がピンポイントで隠れた写真を選び掲載 ⇒ すぐに差し替えるも、「意図的」との声(画像)

http://www.honmotakeshi.com/archives/50326811.html

Photo_2

https://twitter.com/YoichiTakahashi/status/813991928945487872

今朝のネットニュースを読んでいたら、早速、反安倍が社是の朝日新聞がやらかしたすごーい写真が話題になり、ネットをかけ巡っていました。

この非難に、慌てて画像の差し替えを行ったようですが、朝日新聞はどこまで、幼稚で、社会性の無い新聞社なのでしょうね。((+_+))

最初の画像はこちら。
D4c50ab8

こんな画像をアップすることが、社内で普通に通っていくことに、戦慄さえ覚えます。
さすが、連綿と日本を貶めるためのねつ造記事記事を配信してきた新聞社だけあります。

最新の内閣支持率は、64%、真珠湾慰霊「評価」84%。(日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H4J_Z21C16A2MM8000/

http://www.asahi.com/articles/DA3S12722215.html(政治断簡)内閣支持率、高止まりの怪 世論調査部長・前田直人

 「安倍内閣の支持率はなぜ高いの?」と、よく聞かれる。世論調査では安保、原発、社会保障、経済などの評価は決して高くないし、閣僚の失言や不祥事もあった。それでも支持率は今年1年、安定飛行を続けたからだ。

 この師走もそうだった。カジノ解禁法や年金改革関連法などの採決は強行続きで「乱暴だ」と批判を浴び…

朝日新聞の世論調査部長がこんな記事を書いています。

『安保、原発、社会保障、経済などの評価は決して高くないし』
『カジノ解禁法や年金改革関連法などの採決は強行続きで「乱暴だ」と批判』

経済の評価が高く無いと言っていますが、雇用情勢の数字をみれば、それが的を得ていないというのがわかります。

1


強行採決と言いますが、野党は民進党や共産党だけではありません。日本維新の会はちゃんと採決に回り、反対の場合は反対、賛成の場合は賛成しています。

民主党政権下では、強行採決の連発でした。

そして、忘れてはならないのが、社会党の村山が総理大臣に収まっていた時、強行採決以上に、国会議員をだまし討ちにするという暴挙もありました。

    

自社さ政権の下で国会における謝罪決議が構想され始め
たが、反対の声は超党派で強まり、決議案が上程されても
否決されることが明白になった。すると6月9日の金曜日、
「本日は本会議なし、各議員は選挙区に帰られたし」との
通知が衆議院内にまわされ、反対派の議員らは選挙区に戻っ
た。そのすきを狙ったかのように、土井たか子衆院議長が
金曜日の午後8時近くという遅い時間に本会議開会のベル
を押した。

 結果として265人の議員が欠席、議員総数509人の
半数以下の230人の賛成で決議案は可決。だが、参議院
は採決を見送った。

 どう見てもこれはだまし討ちだ。精神の卑しさを強調す
るゆえんである。

http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h18/wing1196.html


                                 


いくら下衆の極みマスコミが安倍内閣を批判的に扱おうとも、いまは、マスコミに世論を左右する力はありません。


【拡散希望】マスゴミの逝く年・狂う年http://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12233282386.html

もう一つ、共同通信という、極左通信社の欺瞞が追及されていたネットニュースをご紹介。

「稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝について、アメリカが不快感か」と言う共同通信社の記者の願望記事です。
今回の防衛大臣の靖国参拝について、アメリカは何の反応もありませんでした。

それを共同通信社がソースの無い、言わば願望と思える記事を配信したのです。

逆に、海外の反応は、おおむね理解を示しています。
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2176.html

■ ミス・イナダは防衛大臣としての職務を果たしただけだよね?   それを何で仰々しく取り上げなきゃいけないの? +6 イギリス

   ■ 実際のところは全然問題になってないんだけどな。 イギリス

      ■ こっちでは全然だね。
        でも特に韓国では大きな問題になってる。 +3 イギリス

■ 参拝したから何だっていうんだ。
  アベさんが総理になった時に"公式"に訪問してたじゃん。
  それから1年置きくらいの間隔で参拝してたはずだぞ。
  もう戦争は終わったんだよ。
  実際に戦争に参加した人たちの多くはもうこの世にはいない。
  過去を乗り越えて未来に進もう! +7 アメリカ

■ アメリカには戦没者に祈りを捧げる祝日がある。
  その祈りの対象には、虐殺を行った犯罪者、
  カスターやカーチス・ルメイも含まれる 
  米メディアは、他の国には祈る権利がないとでも? +5 アメリカ


靖国神社の由緒

靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

                                               

どこの国にも、自分の国を守るため、命をとして戦った方の御霊を守るための慰霊碑はあります。それにお参りし、自分たちの平和な世界を作ってくれたことに感謝をするのは、当然のこと。

中国や、まして朝鮮半島人にとやかく言われるものではありません。


行橋市議会議員 小坪慎也さんがブログでわかりやすく解説されています。
https://samurai20.jp/2016/12/raving-remodeling/

靖国参拝に対する、メディアの悪質な印象操作の実例【ひどいと思ったらシェア】

数年前まで、ここまでネットが普及していない時代だったら、こんなに掘り下げられずに、共同通信記者の狡猾な願望記事がそのまままかり通っていっていたでしょう。

しかし今は、スマートフォンが爆発的に普及して、多くの人が、どこでもちょっとした時間にネットニュースを閲覧することができるので、こうした卑怯な日本貶めの記事を書くと、それをきちんと批判する声がおおきくうねりをもって日本中を駆け巡る社会が構築されています。


2016/12/30

ふるさと納税

Img_7916


ふるさと納税をしてみました。

年金生活の身としては、どれくらいの金額までなら、マイナスにならないかよくわからないので、とりあえず、5,000円だけ。(苦笑)

岩手県北上市に納税したところ、こんなにりっぱなリンゴの詰め合わせが送られてきました。(^^)v

現役の頃から始まっていれば、もっと、いろんなところに納税して、いろんなものを送ってもらえたのにねぇ。

2016/12/29

古都奈良の旅 「春日大社」

古の奈良の都の旅、二日目の最終は、春日大社。http://www.kasugataisha.or.jp/index.html
ここも、外国人観光客が多いです。

1.春日大社二の鳥居と世界遺産の石碑
Imgp6938

2.狛犬 
Imgp6939

「岡崎現代型狛犬」だそうです。昭和43年(1968)10月吉日建立に個人が建立されたもの。それほど時代があるわけではなく、しかも、個人が建立されたということに少し驚きました。

でも、既に50年近く、風雨の中、神様をお守りしているわけです。

狛犬ネットhttp://komainu.net/
狛犬のことを調べていたら、こんなサイトがありました。(^^♪
確かに、狛犬って、何かしら人を引き付けるものがありますね。

800年を経て初公開http://guide.travel.co.jp/article/18858/

春日大社は、平成27年・平成28年第60次式年造替(しきねんぞうたい)が行われていて、11月にちょうどすべて完了したところでした。

それに合わせていろんな特別公開が行われていたのです。

3.春日大社 南門 本社の正門 高さ12メートル二階建て楼門。
Imgp6924

4.中門・御廊 本殿のすぐ前に立つ高さ10メートルの楼門。左右に延びるのが御廊
Imgp6925

5.
Imgp6927

6.
Imgp6928

7.
Imgp6930

8.
Imgp6931

9.中門を正殿からみたところ
Imgp6933

10.
Imgp6935_2

Imgp6934
第60次式年造替(しきねんぞうたい)の記念行事として、140年ぶりに非公開の末社も拝観させていただきました。

残念なことに、宝物殿がお休みで閉まってました。( 一一)

ガラス越しに写してきた鼉太鼓 

Imgp6940

鼉太鼓は野外の舞楽演奏に用いる大型の太鼓。春日大社には国重文の鼉太鼓があり、鎌倉時代に源頼朝が寄進したとされる。今展示されているのは、1976年制作の複製品で、火炎をかたどった装飾板に竜と鳳凰(ほうおう)が彫られている。重文の鼉太鼓1対は修理中で、2年後に複製品とともに展示される。

«古都奈良の旅 「奈良公園を散策」